太陽の石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
太陽の石(アステカの暦石)

太陽の石(たいようのいし、スペイン語:Piedra del Sol)は、古代アステカ王朝6代目の皇帝アシャヤカトル が作らせたとされるモノリス。別名、アステカの

約24トン玄武岩に直径約3.6メートルの円形のモチーフが彫刻されている。西暦1479年に奉納された、と記されている。

1790年12月17日にメキシコシティの中央広場から発掘され、現在はメキシコの国立人類学博物館に展示されている。

記述されている内容[編集]