士仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
姓名 士仁
時代 後漢時代 - 三国時代
生没年 〔不詳〕
字・別号 君義(字)
本貫・出身地等 幽州広陽郡
職官 将軍〔劉備〕
爵位・号等 -
陣営・所属等 劉備孫権
家族・一族 〔不詳〕

士 仁(し じん、生没年不詳)は、中国後漢時代末期から三国時代にかけての人物。はじめ劉備に仕え、後にの武将となった。君義幽州広陽郡の出身。

三国志楊戯伝が引用する『季漢輔臣賛』などでは「士仁」とするが、関羽伝のみ「傅士仁」となっており、『資治通鑑』・『三国志演義』などもこの誤りを継承している。

生涯[編集]

劉備に仕える将軍として荊州公安城(江陵に隣接する)に駐屯し、南郡太守である糜芳と共に荊州の守備を任されていた。二人とも荊州の軍事総督である関羽と常日頃から折り合いが悪く、関羽が樊城に向けて出陣すると、二人は軍需物資の補給などの後方支援に全力を尽くさなかった。その事を恨みに思った関羽は「わしが凱旋し帰還した暁には、こやつら(糜芳・士仁)を粛清してやる」と怒気をあらわにした。以後、「関羽に誅殺される」と先行きに不安を感じるようになり、両人とも行動が定まらなくなった。

樊城に出陣した当初、関羽は呂蒙を警戒して南郡(糜芳)・公安(士仁)の下に兵力の一部を残していた。呂蒙はこの残存兵力が戦略上の障害となることから、計略を巡らせていた。呂蒙は、自身が病を偽って前線を退くことで関羽を油断させ、その隙に南郡を攻め取る事を孫権と共に謀った。この計略に引っかかった関羽は、南郡・公安の守備兵を減らし樊城攻略に充てるまでに至った。しかし、この間も孫権軍による南郡攻略の計画が着々と進んでいた。士仁が降伏勧告の使者である虞翻と接触した時には、商船に偽装された呂蒙の軍船が、守備側の劉備軍に気づかれることもなく荊州の奥深くにまで侵入しており、包囲は時間の問題となっていた。士仁は、涙ながらに降伏した。

物語中の傅士仁[編集]

小説『三国志演義』では虞翻の親友にされている。関羽の敵討ちのために攻めて来た蜀漢軍に怯え、糜芳と共に馬忠を斬り、その首級を持って呉から離反する。しかし、劉備に命乞いするも許されず、関羽の子関興に斬首されることになっている。

参考文献[編集]

  • 三国志』蜀書15楊戯伝
  • 同蜀書6関羽伝
  • 同呉書9呂蒙伝