馬忠 (孫呉)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

馬 忠(ば ちゅう、生没年不明)は、中国後漢末期の人物。孫権に仕えた。

潘璋配下の武将で、219年関羽討伐時に司馬として潘璋に従い、漳郷で関羽・関平父子と趙累らを生け捕りにした。『三国志』では関羽を捕縛したという事実の他、前後の記録が残されていない。

小説『三国志演義』では、関羽を捕らえた功績により赤兎馬を賜る。だが、その赤兎馬が草を食べずに死んでしまう。夷陵の戦いでは糜芳傅士仁に裏切られて殺され、首を軍の陣に送られている。

漫画『蒼天航路』では、異民族出身の異形の大男として描かれ、関羽と刺し違える形で捕獲に成功する。死後に孫権から「馬忠」の名を賜る設定となっている。