在香港カナダ総領事館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
在香港カナダ総領事館
在香港カナダ総領事館が入る交易廣場ビル
概要
用途 外国政府公館
所在地 香港中環
座標 北緯22度17分1.5秒 東経114度9分31.9秒 / 北緯22.283750度 東経114.158861度 / 22.283750; 114.158861

在香港カナダ総領事館(ざいほんこんカナダそうりょうじかん、英語: Canadian Consulate-General, Hong Kong)は、香港マカオにおけるカナダ代表部である。

カナダ代表部は香港の不動産事情により自前の公館施設をもっていない。1985年以来、中環にある交易廣場ビルの11階から14階に入居している。ここでは23人の外交官と117人の現地雇用スタッフがさまざまな業務に従事している。現在、交易廣場には香港証券取引所日本国総領事館も入っている。

この地域におけるカナダ外交代表部の歴史は1923年に始まる。この年、カナダは移民事務所を香港に開設した。1929年には商務官のポール・サイクスがカナダ商務官事務所を構えている。この事務所は1941年に太平洋戦争が始まると閉鎖されたが、終戦後の46年には再開されている。

1971年には弁務官が派遣されるようになり、1997年に香港が中国に返還されるまでカナダ弁務官事務所 (加拿大駐港專員公署)と呼ばれていた[1]

脚注[編集]

  1. ^ HONG KONG, Heads of Post List”. Foreign Affairs and International Trade Canada. 2012年11月26日閲覧。

外部リンク[編集]