因幡国庁跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

因幡国庁跡(いなばこくちょうあと)は、鳥取県鳥取市国府町中郷に所在する、律令制下の地方行政機関の中心施設跡である。1978年昭和53年)に国の史跡に指定された。

因幡国は、鳥取県のほぼ東半分にあたる。本国庁跡は、鳥取市の東方約10キロメートルの所にあり、法美平野の中に残っている。

発掘結果[編集]

1977年(昭和52年)の発掘調査では、国庁の中心部にごく近いと推定される建物群の一画が発見されて、翌1978年(昭和53年)には史跡に指定されている。発掘調査で10軒余の掘立柱建物、2条の柵、2基の井戸、数本の道路と溝などが検出された。これらの遺構は、石積み遺構や溝に囲まれており、中心殿舎は、桁行5間×梁間4間で南北の両面に廂を持つ掘立柱建物と後方約7、8メートルに軸線を同じくして桁行5間×梁行2間の切妻型の掘立柱建物である。中心殿舎の南側約750メートルの所に桁行7間×梁間3間以上の東西棟の掘建柱建物(中世に下る)が国庁の南限を示していると考えられている。

これら中心遺構の年代は、近くの溝から出土した「仁和2年假分」(886年、けぶん)の墨書を持つ題簽(だいせん)、木簡やその他の資料から、平安時代初期以降のものと考えられている。

出土品[編集]

国庁を象徴する遺物の代表的なものは、石帯(せきたい)、硯、題簽、木簡、墨書土器、緑秞陶器などが挙げられる。

国司[編集]

因幡国庁は、大伴家持国守として着任したことでも知られる[1]

脚注[編集]

  1. ^ 『万葉集』の最後の歌「新しき年の始の初春の今日ふる雪のいや重(し)け吉事(よごと)」(12 - 4516)の歌は、天平宝字3年(759年)正月に、この地で詠まれたといわれる。

参考文献[編集]

  • 加藤隆昭 「因幡国庁跡」『図説 日本の史跡 第4巻 古代1』 文化庁文化財保護部史跡研究会監修、同朋舎出版、1991年ISBN 978-4-8104-0927-7

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度28分30.4秒 東経134度15分58.0秒 / 北緯35.475111度 東経134.266111度 / 35.475111; 134.266111