呉鑑泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

呉 鑑泉(ご かんせん、1870年 - 1942年)は、中国武術呉式太極拳の開祖。全祐老架式太極拳の呉全佑の養子。 国の支配階層であった満族の出身。原姓は呉福。原名は愛紳。は鑑泉。辛亥革命時に「呉」姓に改姓した。 幼少より武術を好み、養父の技を受け継いだ。

1914年に、許禹生に請われて、北平体育研究社で、楊少侯楊澄甫と太極拳の指導をする。 後に楊家から独立し1933年には、上海にて鑑泉太極拳社を設立する。

子に、呉公儀呉公藻呉英華がいる。

弟子として、馬岳梁李立蓀陳泮嶺などがいる。

関連項目[編集]