楊少侯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
楊少侯

楊 少侯(よう しょうこう、Yang Shaohou、1862年 - 1929年)は、中国武術である太極拳楊式太極拳の永年楊氏第三世。

本名は楊兆熊。字は少侯。(現中華人民共和国河北省永年県広府鎮の出身。

楊露禅の孫で、楊健侯の長男。 楊班侯、楊健侯亡き後は、楊兆鵬、楊少侯、楊澄甫の肩の上にのしかかった。 三人の中で、唯一少侯のみは性格が剛烈で、楊班侯の遺風と小架式を継いだ。

動作迅速、拳架沈着で、散手を得意とした。 北平(北京)に出向いて、北平体育研究社にて太極拳を指導した。

しかし、当時の評判は緩やかな大架式を得意とした、楊澄甫のほうが良かった。

弟子には、楊振声呉図南陳泮嶺がいる。