楊健侯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
楊健侯

楊 健侯(よう けんこう、Yang Jian Hou、1843年 - 1917年)は、永年楊氏二世。中国武術である太極拳楊式太極拳の武術家。

河北省永年県広府鎮の出身。 姓は楊、は鍳。は健侯。は鏡湖。子に楊少侯(兆熊)、楊兆元楊澄甫(兆清)がいる。

楊露禅に幼い頃より武術を教わり、日々練習を重ね、剛柔開済、出神入化。刀、剣、杆各種器械にも精通した。 露禅没後は、父に代わり北京で太極拳の指導を続けた。 後年には父の「小架子」の技撃的特長を残しながら、健康を配慮して改良した「中架」を完成した。 これは、楊式太極拳の発展の一歩である。