南部アフリカ聖公会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

南部アフリカ聖公会英語: Anglican Church of Southern Africa)は、アフリカ大陸南部に展開する聖公会で、アングリカン・コミュニオンに所属している。ここでいう南部アフリカとは南アフリカ共和国に限らず、ナミビアボツワナジンバブエモザンビークも含まれている。ケープタウンに本部を置いている。

歴史[編集]

アフリカ大陸南部が西ヨーロッパの植民地となったのはベルリン会議が開かれた1880年代だった。ナポレオン戦争後に支配権がオランダからイギリスに移った。これとほぼ同時にカトリック、プロテスタント双方の布教活動も進み、その影響力も増大した。イギリスやフランスが奴隷貿易を行った事からヨーロッパ人と現地人との間に深刻な対立が生じたが、キリスト教は批判も反対もしなかった。

一夫多妻制を伝統とする地域でもあるので、欧州式のキリスト教を定着させるのは非常に難しかった。

アパルトヘイト時代、黒人司祭の活動は制限されていた。1984年、アパルトヘイト撤廃運動の功績が認められて、ケープタウン大主教デズモンド・ムピロ・ツツノーベル平和賞を受賞した。

現在ではHIV対策にも取り組んでいる。

外部リンク[編集]