協約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

協約(きょうやく)は、おもに団体間もしくは個人と団体などの間で法的拘束力を持つことを意図して取り交わされる、契約に類する決めごとである。両当事者の滞在国が同じで、協約に定められる条件等が、その国の法律・省令・政令に反するものであった場合、その部分は無効となり法律省令政令の内容が適用される。


概要[編集]

国家間の場合は条約とされ、類似の性質をもつ。例としては、労働組合使用者の間で交わされる労働協約プロ野球の選手契約などについて定めた野球協約、歴史上の国家間のものでは日露協約などがある。両当事者の署名または記名押印が必要。


関連項目[編集]