千田務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

千田務(ちだ つとむ、1950年10月4日 - )は、東京都出身の武道家武術家。養神館合気道八段。植芝盛平の直弟子であり「不世出の達人」と評された塩田剛三の高弟。2008年4月、合気道養神館より独立し、合気道錬身会を創立した。

略歴[編集]

エピソード[編集]

  • 浪人生時代に道場の前を偶然通りかかった縁で入門することになった。 当初、武道の知識が全く無かったため看板を合気道ではなく「気合道」と読んだ。
  • どうしてもできない技があり悩んでいたところ、夢の中に師である塩田剛三が出てきて教えてくれたことがある。

著作等[編集]

  • 合気道達人列伝 千田務(DVDVHS)

リンク[編集]