加速度円舞曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

加速度円舞曲 作品234 (Accelerationen)は、ヨハン・シュトラウス2世が作曲したワルツである。『加速度ワルツ』とも。

概要[編集]

1860年2月に作曲されたワルツである。当時34歳のシュトラウス2世はもっとも多忙を極めており、作曲するための時間がほとんど無い状態でこのワルツは書かれている。これは舞踏会前日の朝5時にゾフィエンザールで、手元にあったメニューの裏に走り書きでスケッチを行い、30分足らずで作曲を終えた後に写譜屋へ完成したワルツを手渡したという逸話が残されている。ただしシュトラウス2世はこの事について少しばかり否定している。

初演は1860年の2月14日に、ゾフィエンザールにおいて催された技術者舞踏会で行われ、作品はウィーン大学の技術学生に献呈された。

構成[編集]

ゆっくりとしたテンポで開始し、演奏が進むにつれて徐々に速くなり、冒頭のアッチェレランド風な演奏によって面白い効果を上げている。演奏時間は約9分。