写譜屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

写譜屋(しゃふや)は、楽譜を書く、またはコンピュータなどで楽譜を清書する職業を指す。

仕事内容[編集]

  • 作曲家が書き下ろした楽譜を丁寧に浄書し、またパート毎にパート譜を書き起こす。
  • 手書きの楽譜をコンピュータできれいに打ち直す。
  • 初演作品などには、練習に立会い仕上げた楽譜のチェックを行う。

特徴[編集]

  • 浄書業は会社形態もあれば個人経営と非常に幅広い。浄書業を行う上で必要な技術に、「ソルフェージュ」と「清書」の2大要素が挙げられる。特に清書技術に関しては、演奏者が見やすい、読みやすいということが仕事の需要に直接関わってくる。また、演奏者による浄書の好みが左右されることもある。そのため、特定の取引先の浄書業者が変更されることが非常に少ない。
  • オーケストラなどの大編成楽団では浄書業者は奔走する。なぜなら、作曲家が締め切りを遅れて完成させてしまっても、演奏者のスケジュールは変更できない。そのため、業者は大急ぎで写譜を行う。また、息を切らしながらリハーサル室へ駆け込む光景が見られる。
  • 最近はFinaleSibelius、カペラなどのコンピューター楽譜プログラムの発達・普及により、作曲者自らが写譜屋を兼ね、パート譜などの作成作業もPCが自動的にやってくれるので出版社も自分で起こす例が多い。作曲者自らが校正にかかわるので、不明確な記述において写譜屋が作曲者に問い合わせる手間が省け、時間と人件費の節約になる。有名な例がシュトックハウゼン出版社Vierdreiunddreissigであるが、これらはすべて零細企業である。