劉鶚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
老殘游記的作者劉鉄雲先生

劉 鶚(りゅう がく、Liu E1857年10月18日 - 1909年8月23日)。字は鉄雲、ペンネームは洪都百煉生末の作家、考古学者。

略歴[編集]

江蘇省六合(現在の南京)出身。博学多才で、「洋為中用」として西洋の学問も拒まない態度をとった。水利・数学医学金石学に通じ、黄河が決壊した際には治水に尽力した。また実業家でもあり、外国人との取引も多かった。

1900年義和団の乱で8ヶ国連合軍が北京に入ったときに、ロシア軍と交渉して太倉(穀物倉)の米を買い取り、住民に売却することで飢餓から救った。しかし1908年、その行為が横領にあたるとして新疆省ウルムチに流刑となり、翌年、流刑先で脳溢血により死去した。

著作[編集]

劉鶚の作品で著名なのは『老残遊記』と『鉄雲蔵亀』である。『老残遊記』は当時の深刻な社会の弊害を描いた小説である。その描写は風刺の域を超えているため譴責小説と呼ばれる。『鉄雲蔵亀』は収集した亀甲獣骨文字の図録であり、後の甲骨文字研究の基礎となった。

他に以下の著作がある。

  • 『勾股天元草』
  • 『弧三角術』
  • 『歴代黄河変遷図考』
  • 『治河七説』
  • 『治河続説』
  • 『人命安和集』
  • 『鉄雲蔵陶』
  • 『鉄雲泥封』

関連項目[編集]