前田治脩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
前田 治脩
時代 江戸時代
生誕 延享2年1月4日1745年2月4日
死没 文化7年1月7日1810年2月10日
改名 時次郎(幼名)→尊丸→闡真(法名)→時次郎→利有→治脩
戒名 太梁院
官位 正四位下・加賀守、左近衛中将従三位参議
幕府 江戸幕府
加賀藩
氏族 前田氏
父母 父:前田吉徳、母:側室・夏(園田氏、寿清院)
兄弟 宗辰重煕利和重靖重教治脩、他
正室:正姫(前田利道の娘・法梁院)
利命、養子:斉敬斉広

前田 治脩(まえだ はるなが)は、加賀藩の第10代藩主。加賀前田家11代。第5代藩主前田吉徳の十男であり、吉徳の息子で藩主についた5人(宗辰重煕重靖重教、治脩)のうち最後の藩主である。

生涯[編集]

父・吉徳の死の5ヶ月前に最後の男子として生まれる。幼名は時次郎。藩主の十男と序列は極めて低く、本来藩主の座などとても望めない立場であった。延享3年4月、越中勝興寺の住職になることが定まり、6月に名を尊丸と改める。宝暦6年(1755年)11月に勝興寺に移り、宝暦11年(1761年)3月、17歳で得度して闡真と称した。しかし、兄たちは次々に早世し、七男の重教が藩主を継いだ頃には、重教と九男の利実を残すのみであった。明和3年(1766年)に利実も没し、重教にも他の兄たちにも男子がなかったため、明和5年(1768年)12月に闡真は重教の命により還俗した。翌年2月金沢に移り、俗名で名乗りを時次郎に戻した後、利有(としあり)とした。なお、このとき金沢入りした際の道中記は、非常に優れた日記として評価されている。明和8年(1771年)4月、重教の隠居により家督を継ぎ、将軍徳川家治より偏諱を授かり治脩に改名した。

重教が隠居後に男子をもうけたので、長男の斉敬寛政3年(1791年)に養子とした。しかし斉敬は襲封前に夭逝したため、代わって次男の斉広を養子とし、享和2年(1802年)に家督を譲って隠居した。寛政12年(1800年)、側室の伊遠に自身の男子・利命が生まれ、斉広の養子としたが、利命は6歳で夭折した。文化7年(1810年)、66歳で没した。

寛政4年(1792年)、藩校明倫堂(総合大学的性格を持つ文学校)と経武館(士官学校的性格を持つ武学校)を兼六園の隣に創設した。学頭は京から招かれた新井白蛾で、当代随一の漢学者として名高かった。遺物として帆船の帆柱を描いた陣羽織が残り、加賀藩の海軍への関心の高さをうかがわせる。