前田光高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
前田 光高
時代 江戸時代前期
生誕 元和元年11月20日1616年1月9日
死没 正保2年4月5日1645年4月30日
改名 犬千代(幼名)→利高(初名)→光高
戒名 陽廣院殿將巌天良大居士
墓所 野田山墓地
官位 正四位下左近衛権少将筑前守
主君 徳川家光
加賀藩
氏族 前田氏
父母 父:前田利常、母:天徳院徳川秀忠の娘)
兄弟 光高(利高)利次利治利明
正室:大姫徳川家光の養女・徳川頼房女)
綱利(綱紀)、万菊丸

前田 光高(まえだ みつたか)は、加賀藩の第3代藩主。加賀前田家4代。第2代藩主前田利常の長男。母は第2代将軍徳川秀忠の娘・珠姫(天徳院)。正室は第3代将軍徳川家光の養女・水戸藩徳川頼房の娘、大姫徳川家康の曾孫で、藩祖前田利家の孫である。

子に前田綱紀(長男、初め綱利)、万菊丸(次男)。幼名は犬千代(いぬちよ)。初名は利高(としたか)。

生涯[編集]

元和元年(1615年)11月20日、加賀藩主・前田利光(のちの利常)の長男として生まれる。生年月日は寛永元年11月20日1624年12月30日)ともされる。寛永6年(1629年)4月23日、元服し、母方の叔父にあたる将軍徳川家光より「松平」の名字と偏諱(「光」の一字)を与えられ、松平筑前守光高と称する[1](逆に「光」の字をの下(二文字目)におくのを避けた父・利光は「利常」に改名している)。 寛永16年(1639年)の父・利常の隠居に伴い、家督を継ぐ。富山藩大聖寺藩の分封と、利常の隠居領のため、加賀藩領の石高は歴代最少の80万石となる。

寛永20年(1643年)、長男(嫡男)の犬千代(のちの綱紀)が誕生するが、この報せを聞いた直後の参勤で、120里をわずか6泊7日で歩いたスピード記録を持つ[2]

正保2年(1645年)4月5日、老中酒井忠勝を招いた茶会の席で突然倒れて急死した[3]。享年30(満29歳没)。家督および藩主の座は幼少の嫡男・犬千代(のち元服して綱利、綱紀と改名)が継いだが、初めの頃は祖父である利常がそれを補佐する体制がとられた。

法名は陽廣院殿將巌天良大居士。墓所は石川県金沢市野田町の野田山墓地

人物・逸話[編集]

  • 第3代将軍徳川家光は母方の叔父にあたり、家光はなかなか男子に恵まれなかったため、一時甥であるこの光高を後継者にしようとしたという。
  • 両親共美男美女と名高かった故にかなりの美男子と言われ、当時から家光の衆道男色)相手をしていた時期もあったという噂が流れていた。
  • 光高は腕力が絶倫で、指で碁石を碁盤に押し込んだという逸話がある[4]
  • 光高はなかなかの器量人であり、武芸や和漢の才に優れて『遺訓』『銘歌』『一本種』『自論記』など著作が多数ある。また光高は秀忠の外孫のためか幕府に対する忠誠が厚く、このため父の利常と衝突することも少なくなかった[5]
  • 光高は下戸であったとされ、それを物語る逸話がある。隣藩の福井藩松平忠昌酒豪であったが、江戸で向かいの屋敷に住んでいた光高が突然死すると、将軍家光は忠昌の健康を心配し、飲酒を控えるように伝えたが、忠昌は短冊に一編の狂歌を書いて、家光への返事とした。「向い(の屋敷)なる加賀の筑前(前田筑前守光高)下戸なれば 三十一で昨日死にけり」 この返事を受け取った家光は、忠昌だからしょうがない、とそのままとなった。[6]。ちなみに忠昌は光高の4ヵ月後に死亡した。

官職位階履歴[編集]

※日付=旧暦

脚注[編集]

  1. ^ 村川浩平『日本近世武家政権論』167頁。
  2. ^ 可観小説』には、綱紀誕生に光高は大いに喜び、誕生数日後には利常と共に連歌会を開いて喜びを歌で現している。『前田綱紀』(人物叢書)1頁。
  3. ^ 突然の急死に関しては、その才能や人物を恐れた幕府による毒殺や、近臣らによる毒殺などの噂もあったとされる。『前田綱紀』(人物叢書)7頁。
  4. ^ 『前田綱紀』(人物叢書)12頁。
  5. ^ 『前田綱紀』(人物叢書)5頁 - 7頁。
  6. ^ 『前田綱紀』(人物叢書)7頁。

参考文献[編集]