処女塚古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
処女塚古墳
Kobe-otomezuka01.JPG
処女塚古墳
位置 北緯34度42分40.92秒
東経135度14分50.59秒
所在地 兵庫県神戸市東灘区御影塚町2-10
形状 前方後円墳
規模 全長70m
築造年代 4世紀前半
出土品 山陰系土器
史跡指定 大正11年(1922年)国指定
テンプレートを表示
遠景

処女塚古墳(おとめづかこふん)は兵庫県神戸市東灘区にある全長70mの前方後方墳、箱式石棺。

概要[編集]

築造年代は4世紀前半と推定されている。1922年大正11年)3月8日に国の史跡指定された。主に山陰系土器が出土しており石屋川流域に存在する郡家遺跡集落の一部とされている。

所在地から西2000mの位置にある西求女塚古墳、東1500mの位置にある東求女塚古墳とともに、万葉集大和物語などに登場する悲恋伝説(菟原処女の伝説)の舞台として知られている。

古墳の際には、湊川の戦いに敗れた新田義貞を逃すためにこの地で討ち死にした小山田高家の石碑が建っている。

所在地[編集]

〒658-0044 兵庫県神戸市東灘区御影塚町2丁目10

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]