西求女塚古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西求女塚古墳
Nishimotomezuka Kofun03s3.jpg
後方部墳丘西側
位置 北緯34度42分18.38秒
東経135度13分35.41秒
所在地 兵庫県神戸市灘区都通3-1
形状 前方後方墳
規模 全長98m
築造年代 3世紀後半
出土品 三角縁神獣鏡7面ほか多数
史跡指定 平成17年(2005年)国指定
テンプレートを表示

西求女塚古墳(にしもとめづかこふん)は、兵庫県神戸市灘区にある全長98メートルを超える大型の前方後方墳である。年代は、古墳時代前期に属する。

概要[編集]

後方部
史跡公園外部 北側道路より

従来は前方後円墳と考えられてきたが、1985年昭和60年)以降継続的におこなわれている発掘調査の結果、古墳時代前期では最大級の前方後方墳であったことがわかり、墳丘に葺石をともなっていることが判明した[1]

後方部の頂上に設けられた埋葬施設は、1596年慶長元年)の慶長伏見地震の際の断層が直下を走ったため崩壊していたが、うちのりで長さ約5メートル、幅約85センチメートルの竪穴式石室(副室付竪穴式石槨)であることが判明し、割竹形木棺を納めていることが明らかとなった(第5次調査)[2]。出土品等から築造年代は3世紀後半と推定されている。

石室の石材は、地元のものだけでなく、阿波徳島県)や紀伊和歌山県)などからも運ばれており、地元の土器は出土しておらず、祭祀に用いられた土師器には山陰系の特徴をもつものが出土していることから、山陰や四国・南近畿などの諸地域と深い交流をもっていたことが推察され、瀬戸内海大阪湾など水上交通に影響をもつ首長の墳墓であったとも考えられる[1]

1992年平成4年)から1993年にかけての第5次調査では、邪馬台国卑弥呼の皇帝から贈られた鏡ともいわれる三角縁神獣鏡7面など計11面の銅鏡(第1次調査の1面とあわせて合計12面)が出土したことで注目を浴びた。主室からは、これら銅鏡と碧玉紡錘車状石製品を、副室からは、、漁具などの鉄製品が納められていた。

三角縁神獣鏡のうち2面は布にくるまれた状態で出土した。また、京都府椿井大塚山古墳福岡県石塚山古墳奈良県佐味田宝塚古墳広島県中小田1号墳などの出土鏡とは同笵の関係にある。

墳丘については、2001年(平成13年)の第12次調査によって前方部が(ばち)形にひらくこと、くびれ部の片側に張出部をもつこと、全長が98メートル以上におよぶことなど新しい知見が得られた[2]

一般に前方後方墳は、ヤマト王権の直接の支配下に入らず、周辺部で独自の勢力を有していた有力な豪族古墳に多いとされ、本古墳の被葬者もそうした一人であった可能性が高い[1]

主な出土品[編集]

  • 三角縁神獣鏡 7面
  • 画文帯神獣鏡 2面
  • 神人龍虎画像鏡 1面
  • 半肉彫獣帯鏡 2面
  • 鉄製品 230点
  • 碧玉紡錘車形石製品 1点
  • 土師器 14点
  • 織物残欠 2点
  • 土師器残欠 179点
  • 石室石材 54点

以上は2005年に一括して国の重要文化財に指定されている。 なお、伝出土品として画文帯環状乳神獣鏡1面が知られる。

周辺環境と古墳の現況[編集]

周囲は、処女塚・東求女塚とともに万葉集大和物語などに登場する悲恋伝説「菟原処女の伝説」の舞台としても知られている。処女塚古墳(全長70メートルの前方後方墳)をはさんだ東側には東求女塚古墳(全長80メートルの前方後円墳)があり、3つの古墳は海岸線に沿って一直線に、だいたい等間隔の距離でならんでいる。

1964年(昭和39年)までは邸宅として活用された私有地だった土地が、神戸市に買い上げられて公園となり、現在は遺跡公園「求女塚西公園」として整備されている。

2005年(平成17年)、出現期古墳の様相を示す重要な古墳の1つとして国の史跡に指定された。2009年1月、求女塚西公園で遊んでいた近隣の小学校1年生の男子児童が銅鏡の破片を拾い、これを大事に保存していた。2013年、この児童が小学校6年生になり、社会科の授業で古墳時代のことを学習した際、自分の持っている破片が銅鏡の一部ではないか、と疑問を抱き、児童が通っている小学校の校長を通して神戸市教育委員会の文化財関連の担当者に相談したところ、重要文化財に指定されている古墳時代前期の「西求女塚古墳1号鏡」の破片であることが分かった。この破片は神戸市に寄贈され、2013年10月16日から11月24日まで、神戸市埋蔵文化財センターで開かれる企画展「神戸の埴輪大集合」で公開される。

所在地情報[編集]

所在地

〒657-0844 兵庫県神戸市灘区都通3丁目1

交通アクセス

出典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 西田(1995)p.37-39
  2. ^ a b 「第12次調査」参照

関連項目[編集]

外部リンク[編集]