伊東細胞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

伊東細胞(いとうさいぼう、: Ito cell)とは、肝臓を構成する微小組織の一つで、類洞周囲腔(ディッセ腔)に存在する線維芽細胞の一つ。

類洞周囲脂肪細胞肝星細胞Hepatic Stellate Cell、HSC)とも呼ばれる。

1956年群馬大学医学部伊東俊夫教授によって発見報告された。

脂肪の取り込みが強く、ビタミンAを貯蔵する機能を有する。肝臓の線維化に関与していることが知られており、肝硬変の成因にも関連している。また、血栓性血小板減少性紫斑病の発因として知られている。