伊号第一四潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese submarine I-14 in 1945.jpg
潜水母艦プロテウス英語版(左)に接舷した伊401と伊14(右)(横須賀1945.8.29)
艦歴
計画 昭和18年度計画(改マル5計画
起工 1943年5月18日
進水 1944年3月14日
就役 1945年3月14日
その後 1946年5月28日海没処分
除籍 1945年9月15日
性能諸元
排水量 基準:2,620トン 常備:3,603トン
水中:4,762トン
全長 113.70m
全幅 11.70m
吃水 5.89m
機関 艦本式22号10型ディーゼル2基2軸
水上:4,400馬力
水中:600馬力
速力 水上:16.7kt
水中:5.5kt
航続距離 水上:16ktで21,000海里(38,892km)
水中:3ktで60海里(111km)
燃料 重油:搭載量不明
乗員 108名
兵装 40口径14cm単装砲1門
25mm3連装機銃2基
同単装1挺
53cm魚雷発射管 艦首6門
魚雷12本
航空機 特殊攻撃機『晴嵐』 2機
(四式一号一〇型射出機 1基)
備考 安全潜航深度:100m 

伊号第一四潜水艦(いごうだい14せんすいかん)は、大日本帝国海軍伊一三型潜水艦の二番艦。

艦歴[編集]

1943年5月18日川崎造船所で起工、1944年3月14日進水、1945年3月14日に竣工した。5月に鎮海で燃料を搭載、同年7月11日に大湊を出港しトラック諸島へ偵察機(彩雲)2機を輸送する任務に就く。同年8月4日にトラック諸島に到着、その地で終戦を迎えた。戦果等は特になし。同年9月15日除籍。戦後はアメリカに回航されて試験や実験に用いられた後、1946年5月28日自沈させられた。現在ハワイ沖に沈んでいる。

歴代艦長[編集]

艤装員長[編集]

艦長[編集]

  • 清水鶴造 中佐:1945年3月14日 -

参考文献[編集]