九月に降る風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
九月に降る風
九降風
Winds of September
監督 トム・リン(林書宇)
脚本 トム・リン
製作 エリック・ツァン
イェ・ルーフェン(葉如芬)
出演者 リディアン・ヴォーン(鳳小岳)
チャン・チエ(張捷)
ジェニファー・チュウ(初家晴)
ワン・ポーチエ(王柏傑)
音楽 ブレア・コー
撮影 フィッシャー・ユイ
編集 チェン・シャオトン(陳曉東)
配給 グアパ・グアポ=アジア・リパブリック
公開 台湾の旗 2008年6月6日
日本の旗 2009年8月29日
上映時間 107分
製作国 台湾の旗 台湾
言語 北京語
テンプレートを表示

九月に降る風』(くがつにふるかぜ 原題:九降風)は2008年公開の台湾映画。日本では、2008年の第21回東京国際映画祭において『九月の風』のタイトルで上映(10/22・23)[1][2]。2009年に劇場公開された。

解説[編集]

原題の「九降風」とは、新竹に旧暦の9月に吹く季節風のことを指す。この時期、台湾では卒業&入学シーズンと重なることもあり、日本の桜のように青春の新たな旅立ちと別れを象徴する代名詞ともなっている[3][4][5]

劇中のエピソードで登場する台湾プロ野球界のスーパースター、廖敏雄(リャオ・ミンシュン)は本人が特別出演している[3][4]

ストーリー[編集]

1996年の夏、台湾郊外の新竹を舞台に、9人の高校生をめぐる切ない青春を描く。

キャスト[編集]

特別出演

エンディング曲[編集]

我期待

  • 作詞//歌:張雨生(チャン・ユーシェン)
    • 台湾の人気歌手であった張雨生は、この映画の舞台となった1997年に交通事故によって31歳の若さで逝去[3][4]

DVD[編集]

おもな受賞[編集]

  • 第10回台北映画祭
    • 審査員特別賞
    • 最優秀新人賞
    • 最優秀脚本賞
    • メディア推薦賞
  • 第11回上海国際映画祭
    • 「アジア新人部門」最優秀作品賞
  • 第45回金馬奨
    • 最優秀オリジナル脚本賞

脚注[編集]

  1. ^ 東京国際映画祭 「アジアの風」部門 上映作品ページ
  2. ^ アジクロフォーカス file no.109
  3. ^ a b c d 「九月に降る風」劇場用パンフレットより
  4. ^ a b c 公式サイト「イントロダクション」より
  5. ^ 『九月に降る風』公式ブログ 「九降風」とは?」

外部リンク[編集]