中華・BS4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華・BS4
Zhonghua.jpg
Brilliance BS4 1.8 T Heck.JPG
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン 直4 1.6L 4G18
直4 1.8L 4G93
直4 1.8L BL18T
直4 2L 4G63S4M
変速機 4AT/5MT/6MT
駆動方式 FF
ホイールベース 2,790mm
-自動車のスペック表-

中華・駿捷 (Brilliance BS4/M2) は、中国の自動車メーカー、華晨汽車によって生産されるミドルクラスセダンである。中華ブランドで販売されている。

概要[編集]

尊馳の1クラス下のモデルとして2006年に発表されたセダンで、尊馳のプラットフォームをベースに小型化されたものである。ピニンファリーナによって設計された。

エンジンは三菱自動車製の2L 4G63S4M、1.6L 4G18、1.8L 4G93と、自社製の1.8L BL18Tが搭載され、トランスミッションは4AT、5MT、6MTが用意される。

安全性の評価[編集]

また、2007年には中国車では初めてドイツへの輸出が予定されていたが、安全性の問題から発売直前になって中止となった。2009年には、ユーロNCAPによる安全衝突テストを受けたが、シートベルト未装着警報装置が不備だったことにより、衝突安全性以前に問題として0点扱いとなり不合格となった( 同装置が装着されていれば、3つ星評価を受けることが可能だった)[1]

出典[編集]

  1. ^ “乗用車が安全性テストで0点”. レコードチャイナ (レコードチャイナ). (2009年4月10日). http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=30344 2012年10月15日閲覧。 

外部リンク[編集]