三菱・4G63

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三菱・4G6型エンジン > 三菱・4G63

三菱・4G63(みつびし・4G63)は、三菱自動車工業が開発した、三菱・4G6型エンジン系列における2,000cc級のガソリンエンジンである。歴代のランサーエボリューションシリーズに搭載されていることで知られる。最初の名は4G63ではなくG63B(後述)。通称「シリウスエンジン」。
また、本項では4G63型「シリウスエンジン」以外の2,000cc級4G6型「シリウスエンジン」シリーズについても一部記述する。

概要[編集]

4G63は排気量1,997cc・4気筒、水冷、ボア×ストロークは85×88mmで、いわゆるロングストローク型である。ランサーエボリューションやエアトレック・ターボRのように、ターボ過給版のみだと思われがちだが、自然吸気版も存在する(三菱のエンジン形式名では、過給器の有無やカムシャフトの数などを記載しない)。

4G63の意味であるが、三菱のエンジン形式は、頭の数字が気筒数、2桁目のアルファベットが燃料による区分(A・B・G:ガソリン、D・M:ディーゼル)、3桁目がエンジンシリーズを表し、4桁目がシリーズ中の排気量コードをあらわしている。つまり4G63型は4気筒・ガソリン・6xシリーズ・3:6xシリーズの場合は2,000ccということになる。

このエンジンの源流となったG63B型エンジンの登場は1979年と基本設計が古く、また鋳鉄製シリンダーブロックであるため、2010年時点においては軽量とは言いがたい。ランサーエボリューションXに、アルミ製ブロックの4B11を搭載した理由の1つとしても挙げている。

しかし、鋳鉄製ブロックがもたらす頑丈さによるチューニングマージンとラリーエンジンとしての耐久性、およびロングストロークによる低中速域でのトルクフルな特性などは、結果としてランサーエボリューションやスタリオンのようなスポーツカーから、デリカのようなオフロード重視のミニバン、三菱ふそうのトラックであるキャンターや、果ては同じ三菱グループである三菱重工のフォークリフトにまで同様のエンジンが搭載されるほどの、幅広い用途を生んだ汎用エンジンとなった。

1977年の登場以来、35年以上経過した時点でも乗用車を含む自動車用として生産されている同社の4G1型エンジン(通称「オリオンエンジン」)にはやや及ばないものの、それでも30年以上に渡って製造されている。 また、中国の自動車メーカーにも広くライセンスされており、多くの中国車が今なお4G63型エンジンを搭載している。

歴史[編集]

4G63の起源は、1979年の東京モーターショーで、突如として現れた参考出品車「ランサーEX2000ラリーターボ」が搭載していた、新開発のエンジンであるG63B「シリウス80」である。このシリウス80が後の4G63シリーズの源流となる。

1979年当時の三菱のエンジンは、オリオン(4G1型)、バルカン(2G2型)、サターン(4G3型)、ネプチューン(4G4型)、アストロン(4G5型)というように愛称がつけられており、その流れに則りG63Bは「シリウス」と命名されている。また1970年代後半は排気ガス規制の真っ只中であり、サターン・アストロン・シリウスにのみ「1980年代にふさわしい環境性能を持つエンジン」として後ろに「80(エイティ)」が加えられており、サターンエイティ・アストロンエイティ・シリウスエイティと呼ばれた。各エイティエンジンの特徴として、吸気バルブと同じタイミングで開閉する極小の吸気バルブ「ジェットバルブ」が挙げられる。

このG63Bはあくまで日本国内向けの乗用車用エンジンの表記であり、日本で最初の「4G63」の型式を名乗っていたエンジンはギャランΣバンなどに搭載され、排出ガス浄化装置などが省略された廉価版の商用エンジンを表していた。ただし、名称こそ別ではあるが両エンジンの基本的構造は同一で、上記のランサーEX2000ラリーターボなどに搭載された輸出向けエンジンでは乗用車用でも4G63に統一されていた。

4G63「シリウス」エンジンは輸出仕様のランサーEX2000ターボや、2代目ギャランΣ/Λ、および新型スポーツカーであるスタリオンなどに搭載。G63B「シリウス」エンジンは、上記以外にパジェロ、デリ、フォルテなどにも搭載された。またG62Bという1,800cc版のバリエーションも存在し、主にランサーEXや、シャリオ、デリカ、コルディアトレディアにも搭載され、シリウスエンジンは三菱の主力ユニットとなった。また、WRCでもランサーターボ(Gr.4)やスタリオン4WDラリー(Gr.B、実際には計画が頓挫)にボアアップ版が搭載された。ただし、この頃の4G63/G63B型は1気筒あたり2バルブのSOHCであり、現在の4G63型とは大きく異なる。

1984年にスタリオンGSR-Vなどに搭載された可変3バルブヘッドを持つ「シリウス・ダッシュ(DASH=Dual Action Super Head)」を経て、1987年発売のギャランVR-4で、スポーツタイプの4G63がついに4バルブDOHC化され、後の1992年、初代ランサーエボリューションに搭載されることとなる。ただし4G63のSOHCモデルがなくなったわけではなく、4G63を発展させた4G64の4バルブSOHCモデルが2代目シャリオ(後期型)、エアトレック等に搭載され、GDIモデルも存在していた(これはシャリオグランディスに搭載)。

さらに1996年発売のランサーエボリューションIVへの搭載ではトランスミッション内のカウンターシャフトを廃し2軸化。搭載方向が変更(車両左→車両右)された。ランサーエボリューション用のユニットは発売の度に改良が重ねられ、2006年に販売されたランサーエボリューションIXでは、最新の4G63はMIVEC連続可変バルブタイミング機構 )を搭載、このMIVECはリフト量の変化は行わず、吸気側のみの連続可変バルブタイミングである。

なおランサーエボリューションへの搭載は、2006年8月発売のランサーエボリューションIX MR、ランサーエボリューションワゴンMRが最後となった。2007年10月に発売されたランサーエボリューションXでは、エンジンが4G63から新開発の4B11になり、これにより「4G63」自体は販売終了となった。ただし4G63から派生した既存の実用型については生産は継続される。

バリエーション[編集]

  • G63B・SOHC8バルブ(ジェットバルブも含めると12バルブと言えなくもないが、便宜上8バルブと表記)。2,000cc。DASHエンジンとして12バルブヘッドを持つ物もラインナップされた。ボアxストローク: 85.0 x 88.0
  • G62B・G63Bのボアダウン版、1,800cc。ランサーEXやコルディアなど、海外市場で2,000ccとされていた車種の国内向け仕様などにラインナップされていたが、その後は4G92に置き換えられた。ボアxストローク: 80.6 x 88.0
  • 4G63・SOHC12バルブ、16バルブ、DOHC16バルブ、DOHC16バルブGDI、DOHC16バルブMIVEC 等、シリンダーヘッドにより様々なバリエーションを持つ。ボアxストローク: 85.0 x 88.0 三菱車以外の搭載車種もクライスラーやヒュンダイの車種(例:ダッジ・ラムソナタⅡ/Ⅲなど)のみにとどまらない。
  • 4G61・DOHC16バルブ 1,595 cc ボア82.3mm x ストローク75.0 mm。三菱車以外の搭載車種は初代エラントラなど。サイレントシャフトは非採用。ボアxストローク: 82.3 x 75.0。4G6系唯一のショートストロークエンジン。
  • 4G64・4G63のスケールアップバージョン。2,400cc。SOHC16バルブが基本だがDOHC16バルブのGDI仕様も存在する。ボアxストローク: 86.5 x 100.0
  • 4G67・4G63のボアダウン版でありG62Bのボアアップ版。1,800cc。DOHC16バルブのみ。ボアxストローク:81.5 x 88.0
  • 4G69・4G64の後継機。2,400cc。SOHC16バルブ。4G64エンジンをベースにMIVEC化されたもの。ボアxストローク 87.0 x 100.0

エンジン基本仕様[編集]

  • 直列4気筒
  • 排気量:1,997cc
  • ボア×ストローク(mm):85.0×88.0

エンジン諸元[編集]

車名 形式名 エンジン型式 種類 圧縮比 最高出力
PS/rpm
最高トルク
N·m (kg·m) /rpm
燃料
供給装置
使用燃料
タンク容量 L
LANCER EX2000 A176A 4G63ターボ SOHC 7.6 168/5,500 25.0/3,500 ECI(SPI) n/a・50
STARION GSR-V ('85) E-A183A G63Bターボ 7.5 170/5,800 26.0/3,000 無鉛レギュラー
ガソリン・75
GALANT MX ('87) E-E33A 4G63 DOHC 9.0 140/6,000 17.5/5,000 ECI-MULTI 無鉛レギュラー
ガソリン・60
GALANT MX ('89) 145/6,000 17.8/5,000
GALANT MX ('90) 10.4 160/6,500 19.0/4,750 無鉛プレミアム
ガソリン・60
GALANT AMG ('89) 170/6,750 19.5/5,000
GALANT VR-4('87) E-E39A
SNPF
4G63ターボ 7.8 205/6,000 30.0/3,000 無鉛プレミアム
ガソリン・62
GALANT VR-4('89) 220/6,000 30.0/3,500
GALANT VR-4('90) 240/6,000 31.0/3,500
GALANT VR-4 AT('89) E-E39A
SRPF
210/6,000 30.0/3,000
LANCER EVOLUTION
GSR ('92)
CD9A 8.5 250/6,000 31.5/3,000 無鉛プレミアム
ガソリン・50
LANCER EVOLUTION II
GSR ('94)
CE9A 260/6,000
LANCER EVOLUTION III
GSR ('95)
9.0 270/6,250
LANCER EVOLUTION IV
GSR ('96)
E-CN9A 8.8 280/6,500 36.0/3,000
LANCER EVOLUTION V
GSR ('98)
GF-CP9A 38.0/3,000
LANCER EVOLUTION VI
TME GSR ('00)
38.0/2,750
LANCER EVOLUTION VII
GSR ('01)
GH-CT9A 39.0/3,500 無鉛プレミアム
ガソリン・48
LANCER EVOLUTION VII
GT-A ('02)
272/6,500 35.0/3,000
LANCER EVOLUTION VIII
GSR ('03)
280/6,500 40.0/3,500 無鉛プレミアム
ガソリン・55
LANCER EVOLUTION VIII
MR GSR ('04)
40.8/3,500
LANCER EVOLUTION IX
GSR ('05)
40.8/3,000
LANCER EVOLUTION IX
GT ('05)
41.5/3,000
LANCER EVOLUTION
WAGON GT ('05)
40.0/3,000
LANCER EVOLUTION IX
MR GSR ('06)
40.8/3,000
LANCER EVOLUTION IX
MR RS ('06)
41.5/3,000 無鉛プレミアム
ガソリン・50
CHARIOT
MX ('91)
E-N33W 4G63 SOHC 9.5 105/5,500 16.1/4,500 無鉛レギュラー
ガソリン・60
CHARIOT
RESORT RUNNER GT 5MT ('95)
E-N43W 4G63ターボ DOHC 8.5 230/6,000 29.5/2,500 無鉛プレミアム
ガソリン・60
CHARIOT
RESORT RUNNER GT AT ('95)
220/6,000 30.5/3,000
RVR
SUPER SPORTS GEAR 5MT ('95)
E-N23WG 230/6,000 29.5/3,000
RVR
SUPER SPORTS GEAR AT ('95)
220/6,000 30.5/2,500
RVR
HYPER SPORTS GEAR R 5MT ('97)
250/6,000 31.5/3,000
RVR
HYPER SPORTS GEAR R AT ('97)
230/6,000 30.5/2,500
RVR
HYPER SPORTS GEAR Z ('97)
4G63 10.5 160/6,500 19.0/4,750
DION
EXCEED ('00)
GH-CR9W 4G63 GDI 10.3 135/5,800 18.7/3,500 GDI 無鉛レギュラー
ガソリン・60
RVR SPORT GEAR X3 ('97) GF-N73WG 4G63ターボ 9.0 250/5,500 35.0/2,500 無鉛プレミアム
ガソリン・58
AIRTREK TURBO-R ('02) TA-CU2W 8.8 240/6,000 無鉛プレミアム
ガソリン・60
DELICA CARGO 2.0GX ('96) GA-PA3V 4G63 SOHC 9.5 115/6,000 17.0/3,000 キャブレター 無鉛レギュラー
ガソリン・66
CANTER GUTS DX('97) CBF-FB700A n/a 107/5,000 16.6/4,000 ECI-MULTI 無鉛レギュラー
ガソリン・55

主な搭載車[編集]

三菱ふそうトラック・バスを含む

三菱自動車・三菱ふそうトラック・バス以外のメーカーでの使用例[編集]

ヒュンダイ車への搭載例[編集]

関連項目[編集]

  • シリウスDASH3×2
  • サイレントシャフト
  • 三菱・4G3系エンジン(1960年代末期に開発された小排気量~中排気量向けの直列4気筒エンジン。「サターンエンジン」と呼ばれる。幅広い車種に搭載された)
  • 三菱・4G5系エンジン(1970年代前期に開発された大排気量向けの直列4気筒エンジン。「アストロンエンジン」と呼ばれる。4G3系エンジンシリーズ同様、幅広い車種に搭載された)
  • 三菱・4G1型エンジン(1970年代後期に開発された小排気量向けの直列4気筒エンジン。「オリオンエンジン」と呼ばれる。同社の歴代のガソリンエンジンとしては35年以上(2012年10月現在の時点において)の実績を誇る)
  • 三菱・3G8型エンジン(1980年代後期に開発された同社の軽自動車用の頑丈な鋳鉄直列3気筒エンジンシリーズ。25年以上の実績を誇り、信頼性や安堵感などで評価されていた。最後の搭載車種であるミニキャブのフルチェンジ(スズキ・キャリイ/エブリイのOEMへ)に伴い、2013年12月を以て生産終了となった(ミニキャブのOEMだった日産・NV100/NT100クリッパーはミニキャブに先駆けてスズキ製に切り替わった。)