中国国鉄HXN3型ディーゼル機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中国国鉄HXN3型ディーゼル機関車
HXN3 near Huairou North.jpg
懐柔北駅附近を走行する0111号機
動力方式 ディーゼル
設計者 エレクトロ・モーティブ・ディーゼル
製造所 エレクトロ・モーティブ・ディーゼル、大連機車
製造日 2008年
総製造数 300
軸配置(UIC式) Co'Co'
軌間 1,435 mm
車輪径 1,050 mm
最小半径 250 m
全長 22,250 mm
全幅 3,370 mm
全高 4,705 mm
最大軸重 25 t
総重量 150.0 t(自重)
燃料種別 軽油
エンジン形式 16V265H
発電機 AT20/CA9
主電動機 A2938-5
気筒 16気筒
最高速度 120 km/h
定格速度 30 km/h
出力 6,000 hp
定格引張力 620 kN (起動)
598 kN (定格)
運用者 中華人民共和国鉄道部
配置 通遼機関区他
HXN3型の技術的な原型車—-米国EMD SD90MAC形

HXN3型ディーゼル機関車(エイチエックスエヌ3がたでぃーぜるきかんしゃ)とは、中華人民共和国鉄道部(中国国鉄)が2008年から製作した電気式旅客·貨物用ディーゼル機関車である。EMDでの社内呼称はJT56ACe

概要[編集]

本形式は幹線貨物用大出力交流モーターの内燃機関車である。アメリカ合衆国エレクトロ・モーティブ・ディーゼル(以下EMD)が開発した。鉄道部は2005年にEMDと大連機車との提携協議、新型交流モーター駆動のディーゼル機関車の研究開発に調印した。本形式の形式番号はHXN3(数字部分は製造会社を表し、3は大連機車を指す)で、中国語では一般に“和諧”3型内燃機車と呼ばれる。初号機は2008年7月に大連機車を出場した。

本形式は交流電動機システムを採用し、6,000馬力の電子制御直噴ディーゼルエンジン1台と6台の交流モーター、車載コンピューター制御システム、発電併用空気ブレーキシステムを搭載している。また三重連運転機能を備えている。平坦線において単機で5,000tの貨物列車を最高時速の120km/hで運行する事ができ、軸配置はCo-Coである。

本形式はEMDが初めて大陸中国に販売したディーゼル機関車で[1]、生産はEMDからの技術移転を受けた大連機車にて行なわれる。鉄道部は先ず300両を購入し、初号機(HXN30001)は2008年7月2日に出場、瀋陽鉄道局通遼機関区に配置され、幹線貨物列車牽引で運用されている。

参考資料[編集]

外部リンク[編集]