中務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中務(狩野安信『三十六歌仙額』)

中務(なかつかさ、912年延喜12年)頃 - 991年正暦2年)頃)は、平安時代中期の女流歌人。三十六歌仙女房三十六歌仙の一人。父は、宇多天皇の皇子敦慶親王で、親王が中務卿であったことから、この名がついている。母は、女流歌人の伊勢。異母兄弟に刑部卿源後古、源方古がいる。

中務は、「後撰和歌集」「信明集」「元輔集」「源順集」などの歌集に作品が載っている。多くの公達と関係があり、特に源信明(みなもとのさねあきら)との関係は深く彼との間には藤原伊尹室の井殿がいる。他に元良親王常明親王との恋や、関白藤原実頼藤原師氏藤原師尹との関係が知られる。

家集に「中務集」がある。

関連項目[編集]