ヴィーンペル科学製造連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィーンペル科学製造連合(Vympel NPO)はロシアモスクワ近くにある主に空対空ミサイルの研究、開発、生産を行う会社である。他の計画では地対空ミサイル弾道弾迎撃ミサイルも含まれる。ソビエト時代に設計局として始まった。

OKB-134 トポルコフ[編集]

ヴィーンペルは第二次世界大戦後Ivan I. Toporkov の率いるチームによってOKB-134として始まった。彼らの設計した最初の計画はK-7ミサイルだった。[1] 彼らの最初に量産されたミサイルは1958年のR-3(K-13)である。Toporkovは1961年ツシノの航空機工場へ転出し、後任にAndrey Lyapinが就任した。[2]1966年から1968年にかけてOKBはヴィーンペルに改名した。1977年、OKB-4 MolniyaMatus Bisnovatの死去に伴いすべてのミサイルはヴィーンペルに一任された。G. Khokhlovは1981年までチームを率い、Genadiy A. Sokolovskiが後任になった。[3]

ヴィーンペル GosMKB[編集]

1992年、ヴィーンペル GosMKBは設計局を元に発足した。[4] そして1994年、 Sokolovskiが開発ディレクターになった。2004年5月、OAO Korporatsya Takticheskovo Raketnovo Vooruhjeniya (Corporation of Tactical Missile Weapons)が設立されヴィーンペルは設計、開発を担当する一部門になった。

関連[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Aviation.ru - GosMKB «Vympel»
  2. ^ Federation of American Scientists - AA-1 ALKALI
  3. ^ eDefense blog - 25 years of service of Russian Kh-29 missile
  4. ^ Palms & Company Document - Russia's 200 largest industries available for merger - acquisition

外部リンク[編集]