ヴィーガウダス・ウシャツカス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィーガウダス・ウシャツカスリトアニア語: Vygaudas Ušackas1964年12月16日 - )は、リトアニア政治家。2008年から2010年までリトアニアの外相を務めた。かつて外交官を務めた経験もあり、元駐英大使。

経歴[編集]

1964年、スクオダス (Skuodas) で生まれる。1982年、スクオダスの学校を卒業しヴィリニュス大学に入学。1990年学位法学)取得。その後ノルウェーオスロ大学デンマークオーフス大学で学び、国際政治国際貿易を専攻。

1992年から1996年にかけてリトアニアの対NATOEU交渉団顧問を務め、2000年から2001年にはEU加盟の交渉責任者を務めた。

2001年から2006年まで外交官としてアメリカ合衆国およびメキシコに駐在した後、2006年から駐英大使を務めた。2008年12月9日、リトアニア共和国外務大臣に就任。その後2010年2月22日から駐アフガニスタン欧州連合代表部大使。

公職
先代:
ペトラス・ヴァイティエクーナス
リトアニアの旗 リトアニア共和国外務大臣
2008年 - 2010年
次代:
アウドロニウス・アジュバリス