ヴィルヘルム・ハインリヒ・ヴァッケンローダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィルヘルム・ハインリヒ・ヴァッケンローダー(Wilhelm Heinrich Wackenroder、1773年7月13日 - 1798年2月13日)はドイツロマン主義著述家

1773年にベルリンで生まれ、同じく作家業を営むルートヴィヒ・ティークと若い頃から交友を結んだ。画家であるアルブレヒト・デューラーに傾倒し、その影響は友人ティークにまで及んだ。名の通ったヴァッケンローダーの著作のほとんどはこのティークによって出版されている。

また、直接会ったことはないものの、独特の厭世観を持っていたヴァッケンローダーは若い頃の哲学者アルトゥル・ショーペンハウアーにも影響を与えており、それは彼の母親への手紙から窺うことができる。しかし、当のショーペンハウアーはヴァッケンローダーの文章を出版したティークが著わしたものだと誤解していた[1]

1798年、ヴァッケンローダーはベルリンで夭逝する。24歳。

作品[編集]

  • 『芸術を愛するある修道士の心情の吐露』(1797年、ルートヴィヒ・ティークによって多少加筆され、初版出版)
  • 『芸術についての幻想』(1799年、同じくルートヴィヒ・ティークによって初版出版)

脚注[編集]

  1. ^ 『ショーペンハウアー』(Century Books―人と思想)(清水書院)ショーペンハウアーの生涯より。