ヴィクトル・フリステンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィクトル・フリステンコ
Виктор Христенко
Viсtor Khristenko.jpg
生年月日 1957年8月28日(56歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of Russian SFSR.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国チェリャビンスク
出身校 モスクワ経営大学大学院
所属政党 無所属
配偶者 タチアナ・ゴリコワ

任期 2004年2月24日 - 2004年3月5日
元首 ウラジーミル・プーチン
テンプレートを表示

ヴィクトル・ヴォリソヴィチ・フリステンコ, ロシア語: Ви́ктор Бори́сович Христе́нко, ラテン文字転写: Viktor Borisovich Khristenko1957年8月28日 - )は、ロシア政治家。ロシア連邦第一副首相、ロシア連邦首相代行、産業エネルギー大臣を歴任した。妻は保健・社会開発相を務めるタチアナ・ゴリコワ

経歴[編集]

1957年8月28日、チェリャビンスク市に生まれる。1979年にチェリャビンスク工科大学ロシア国民経済アカデミーを卒業。1983年にはモスクワ経営大学大学院を修了している。1980年から1982年までチェリャビンスク工科大学研究所主任、1983年からチェリャビンスク工業大学機械経済講座助教授を務めた。

その後は政界入りし、1991年チェリャビンスク州行政府副長官に就任。1994年には同州第一副長官(経済問題担当)に昇進した。1996年の大統領選挙では、チェリヤビンスクでエリツィン陣営の選挙運動を指揮した。選挙後の1997年3月、チェリャビンスク州大統領全権代表に任命され、同年7月にはロシア連邦政府の財務次官となる。

1998年4月、セルゲイ・キリエンコ内閣の副首相に任命される。金融危機への対処を理由として1998年9月にキリエンコ内閣が退陣すると、次のエフゲニー・プリマコフ内閣では第一財務次官に転じた。1999年5月に発足したセルゲイ・ステパーシン内閣で第一副首相に就任。同年8月からのウラジーミル・プーチン内閣でも留任した。プーチンが大統領になると、2000年5月に首相のミハイル・カシヤノフのもとで副首相を務める。チェチェン問題委員会議長としてチェチェン紛争とその問題にも当たる。2001年2月、住宅政策委員会議長に就任。2004年の大統領選挙直前、プーチンによってカシヤノフが解任されると、2004年2月24日から3月5日まで首相代行を務める。カシヤノフの後任となった第1次ミハイル・フラトコフ内閣で産業エネルギー相に就任した。大統領選挙でプーチンが再選すると、第2次フラトコフ内閣が組閣されるが、フリステンコは産業エネルギー大臣に留任し、2007年からのヴィクトル・ズブコフ内閣でも産業エネルギー大臣に留まった。2008年5月にドミトリー・メドヴェージェフ政権が発足すると、第2次ウラジーミル・プーチン内閣で産業貿易相に就任した。

日本との関係[編集]

日本との関係では、日露貿易経済協力担当を務め、2001年に訪日している。