タチアナ・ゴリコワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロシアの旗 ロシアの政治家
タチアナ・ゴリコワ
Татьяна Алексеевна Голикова
Tatyana Golikova.jpg
タチアナ・ゴリコワ
生年月日 1966年2月9日(48歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 モスクワ州ムィチシ
出身校 プレハーノフ記念モスクワ国民経済大学
前職 経済学者、財務官僚、第一財務次官、ロシア連邦保健・社会開発大臣
現職 ロシア大統領補佐官
配偶者 ヴィクトル・フリステンコ(貿易産業相)
サイン Signature of Tatyana Golikova.png

内閣 ヴィクトル・ズブコフ内閣
第2次ウラジーミル・プーチン内閣
任期 2007年9月24日 - 2012年5月21日
テンプレートを表示

タチアナ・アレクセーエヴナ・ゴリコワロシア語: Татьяна Алексеевна Голикова、ラテン文字転写の例:Tatiana Alekseevna Golikova1966年2月9日 - )は、ロシア経済学者政治家2007年から2012年まで、ロシア連邦保健・社会開発相を務めた。同じく第2次ウラジーミル・プーチン内閣で産業貿易相を務めたヴィクトル・フリステンコ元首相代行は夫である。モスクワ州ムィチシ出身。

経歴・概要[編集]

1987年プレハーノフ記念モスクワ国民経済大学を卒業する。専門は労働経済学。1987年ソ連労働・社会問題国家委労働研究所に入り、研究員となる。1990年ロシア共和国国家予算・財政部指導エコノミスト。1992年ロシア財務省上級エコノミスト、主任エコノミスト、予算局財政政策・分析部長。1995年予算局次長。1998年4月から8月まで、予算局長。1998年8月財政政策金融局長。1999年7月から2002年7月まで財務次官。2002年8月第一財務次官。2004年4月、財務次官。2007年ロシア連邦保健・社会開発大臣に任命される。2007年10月20日からは、国家反麻薬委員会副議長も兼務。フリステンコとは、2003年に結婚した。2012年5月21日ドミートリー・メドヴェージェフ内閣の成立に伴う人事異動で大臣を辞した。翌5月22日付け大統領令により、大統領補佐官に任命された。

不祥事[編集]

ゴリコワは、中露両国によって開発された抗インフルエンザ薬、アルビドールをめぐり、アルビドールの製造元で、ロシアの製薬大手ファームスタンダード社との癒着について、メディアから告発された。この不祥事により「アルビドール夫人」(マダム・アルビドール)の仇名で揶揄された [1] [2]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.echo.msk.ru/blog/moscowdoctor/851460-echo/
  2. ^ http://www.mk.ru/politics/article/2011/04/21/583254-kak-nam-posadit-federalnyih-ministrov.html

外部リンク[編集]

先代:
ミハイル・ズラボフ
ロシアの旗 保健・社会開発相
2007年 - 2012年
次代:
ヴェロニカ・スクヴォルツォワ