ヴィクトル・タタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィクトル・タタンVictor Tatin1843年 - 1913年[1]フランスの発明家。主として1870年代に重航空機の研究を行なった。タティンと表記する資料[2][3]もある。

業績[編集]

1876年の模型オーニソプター。
1879年の大型模型飛行機(現物)。ル・ブルジェ航空宇宙博物館に展示されている。

はじめゴム動力の模型オーニソプターを作っていたが、1879年には固定翼(単葉)の模型飛行機を製作[1]。これは翼幅が1.9メートルという大型の動力模型で、機尾に水平尾翼を持ち、四枚羽の牽引プロペラを二つ備え、それらを圧縮空気エンジンで駆動する方式だった。この模型は15メートルの距離を飛行することに成功した[1](ただし自由飛行ではなく、Uコンのようにワイヤで中心軸につながれた円運動であった[3])。ちなみに彼の実験に先行する1875年には、イギリス人トーマス・モイ(Thomas Moy )が同様の実験を執り行ない、タタンのものよりさらに大型の模型(翼幅4メートル半のタンデム翼機で、動力は蒸気機関)を浮揚させている。

同時代のフランスの飛行機研究者には、ジャン=マリー・ルブリアルフォンス・ペノーフェリックス・デュ・タンプルらがいる。

1890年代には、蒸気機関を積んだ大型の単葉模型機を作った。ライト兄弟による有人動力飛行成功(1903年)以降は、その水準に追いつかんとするフランスの航空界で「応援団長の役割を務めた」[4]。タタン自身も晩年にはフルサイズ機を製作している。ただし1907年の単葉機タタン・ド・ラ・ボー号は飛行できず、1911年のタタン・ポーラン・アエロ・トルピーユ号も(流線型の、当時としては斬新な設計の単葉機であったが)性能は芳しいものではなかった。[5]

出典[編集]

  1. ^ a b c 根本智『パイオニア飛行機ものがたり』
  2. ^ C・H・ギブズ=スミス『ライト兄弟と初期の飛行』(伊佐喬三訳、東京図書、1979年)
  3. ^ a b アンソニー・ウィルソン『交通の歴史』(インターカルチュラル・グループ訳、学習研究社、1996年、ISBN 4052005341
  4. ^ アレン・アンドルーズ『空とぶ機械に賭けた男たち』p.106下段より引用。
  5. ^ アレン・アンドルーズ『空とぶ機械に賭けた男たち』

関連項目[編集]

主要参考文献[編集]

  • 根本智『パイオニア飛行機ものがたり』オーム社、1996年、ISBN 4-274-02314-1
  • アレン・アンドルーズ『空とぶ機械に賭けた男たち - 写真で見る航空の歴史』草思社、1979年

外部リンク[編集]