ワシリー・ラザレフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワシリー・グリゴリエヴィッチ・ラザレフ
宇宙飛行士
国籍 ソビエト連邦
誕生 1928年2月23日
Poroshino(アルタイ地方
死没 1990年12月31日(62歳)
モスクワ
他の職業 医学博士
階級 ソ連空軍大佐
宇宙滞在期間 1d 23h 15m
選抜試験 Voskhod Group (Medical Group 1)
ミッション ソユーズ12号

ワシリー・グリゴリエヴィッチ・ラザレフロシア語: Василий Григорьевич Лазарев1928年2月23日 - 1990年12月31日)はソビエト連邦宇宙飛行士

略歴[編集]

1951年に高等空軍学校を卒業する。ソ連空軍での階級は大佐

1964年5月26日に宇宙飛行士に選抜され、1973年のソユーズ12号に船長として搭乗。フライトエンジニアのオレグ・マカロフと共に、改良されたソユーズ宇宙船のテストを行った。

更に、1975年のソユーズ18a号にマカロフと共に搭乗したものの、ロケットの故障により第2段と3段の分離に失敗して軌道には到達せず、宇宙船は高度192kmで切り離されアルタイ山脈へ緊急帰還に成功した。しかし、無理な大気圏突入(15Gもの力が掛かった)に加え、着地時に強い衝撃を受けた事から、体を傷めてしまった。

1985年11月27日に宇宙飛行士を引退。

1990年モスクワで、アルコール中毒によって死去。

参考文献[編集]