ロマン・コズロースキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロマン・コズロースキー
人物情報
生誕 1889年2月1日
ポーランドの旗 ポーランド ヴウォツワヴェク
死没 1977年5月2日(満88歳没)
居住 ポーランドほか
国籍 ポーランド人
出身校 パリ大学
学問
研究分野 古生物学
研究機関 ワルシャワ大学
主な受賞歴 ウォラストン・メダル(1961年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ロマン・コズロースキーロマン・スタニスワフ・ヤクプ・コズウォフスキポーランド語:Roman Stanisław Jakub Kozłowskiローマン・スタニースワフ・ヤークプ・コズウォーフスキ1889年2月1日 - 1977年5月2日)はポーランド地質学者古生物学者である。無脊椎動物化石の研究で知られる。

ヴウォツワヴェクに生まれた。スイスおよびパリ大学で学び、1913年にボリビアオルロの鉱山学校の地質学部の部長として南アメリカに渡った。ボリビアの自然資源や、デボン紀石炭紀地質古生物、特に腕足類の研究を行った。1921年にヨーロッパに戻り、パリ大学で博士号をとり、ワルシャワ大学(ポーランド自由大学)の古生物学教授となった。ワルシャワでは筆石類の研究に貢献した。

1961年にロンドン地質学会からウォラストン・メダルを受賞した。

著書[編集]

  • Fossiles dévoniens de l'état de parana brésil, Ed. Masson , Paris - 1914-1915
  • Faune dévonienne de Bolivie.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]