ロバート・ギルピン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロバート・ギルピンRobert Gilpin, 1930年 - )は、アメリカ合衆国の国際政治経済学者。プリンストン大学教授。

バーモント大学卒業後、コーネル大学で修士号、カリフォルニア大学バークレー校より博士号取得。覇権安定論で有名。

著作[編集]

単著[編集]

  • France in the Age of the Scientific State, (Princeton University Press, 1968).
  • U.S. Power and the Multinational Corporation: the Political Economy of Foreign Direct Investment, (Basic Books, 1975).
山崎清訳『多国籍企業没落論――アメリカの世紀は終わったか』(ダイヤモンド社, 1977年).
  • War and Change in World Politics, (Cambridge University Press, 1981).
  • The Political Economy of International Relations, (Princeton University Press, 1987).
大蔵省世界システム研究会訳『世界システムの政治経済学――国際関係の新段階』(東洋経済新報社, 1990年)
  • The Challenge of Global Capitalism: the World Economy in the 21st Century, (Princeton University Press, 2000).
古城佳子訳『グローバル資本主義――危機か繁栄か』(東洋経済新報社, 2001年)
  • Global Political Economy: Understanding the International Economic Order, (Princeton University Press, 2001).