ロッタちゃん はじめてのおつかい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロッタちゃん はじめてのおつかい
Lotta 2 - Lotta flyttar hemifrån
監督 ヨハンナ・ハルド
脚本 ヨハンナ・ハルド
原作 アストリッド・リンドグレーン
製作 ワルデマル・ベルゲンダール
出演者 グレテ・ハヴネショルド
リン・グロッペスタード
マルティン・アンデション
ベアトリース・イェールオース
クラース・マルムベリィ
マルグレット・ヴェイヴェルス
音楽 ステファン・ニルソン
撮影 オーロフ・ヨンソン
編集 ヤン・ペルション
配給 Svensk Filmindustri
公開 スウェーデンの旗 1993年9月18日[1]
ドイツの旗 1995年1月
日本の旗 2000年1月15日
上映時間 83分
製作国 スウェーデンの旗 スウェーデン
言語 スウェーデン語
前作 ロッタちゃんと赤いじてんしゃ
テンプレートを表示

ロッタちゃん はじめてのおつかいスウェーデン語: Lotta 2 - Lotta flyttar hemifrån)は、1993年のスウェーデンの映画である。アストリッド・リンドグレーンの児童文学作品を原作として製作された多数の映画の一つであり、「ロッタちゃん」シリーズを原作とした映画としては第2作にあたる。

物語[編集]

ロッタはスウェーデンの小邑ヴィンメルビーで両親と兄、姉と暮らす5歳の女児である。このほか、家にはブタの縫いぐるみであるバムセがおり、ロッタはこの縫いぐるみに無限の愛情を注いでいる。ある朝、夢の中でバムセが兄と姉に殴打される光景を見たロッタは、きわめて不機嫌に目覚める。そこへ母から着心地の悪いセーターの着用を強要され、ロッタは母とも対立する。家族に対する不信感を抑えられなくなったロッタは、家を出ることを決意する。

本作は原題の由来ともなったこのエピソードを劈頭に、5歳児ロッタの激しい自己主張と、これに辟易しながらも彼女を受容する周囲の人々の生活を、オムニバス形式で描いている。

配役[編集]

役名 俳優 ソフト版吹替
ロッタ グレテ・ハヴネショルド 山下夏生
ミア(ロッタの姉) リン・グロッペスタード 野口清香
ヨナス(ロッタの兄) マルティン・アンデション 野口雄矢
ママ ベアトリース・イェールオース 高島雅羅
パパ クラース・マルムベリィ 岩崎ひろし
ベルイさん(隣家の老婆) マルグレット・ヴェイヴェルス 山本与志恵

公開[編集]

本作は、製作国であるスウェーデンでは1993年に公開され、周辺各国でもそれほど間をおくことなく公開された[2]。ところがスウェーデンでの公開から6年以上が経過した2000年、スウェーデンからは地理的にも離れた日本において本作が劇場公開され、時ならぬ人気を集めた。本作の原作者であるリンドグレーンの作品は日本でも一定の知名度を獲得しており、また本作もビデオの形では既に公開されていた。しかし、スウェーデン映画の継続的な公開の経験を有していなかった日本において、本作が劇場公開に至った背景には、次のような事情がある。

江戸木純の名で日本で映画評論家として活動していた古谷文雄は、かねてより映画における子供の描かれ方に違和感を覚えていた。1996年、古谷は映画年鑑で見た本作冒頭のロッタがセーターを損壊する場面の写真に強い印象を受け、実写を見た上で本作の日本上映を企図する。しばらくの間は進展がなかったが、1998年、同じく古谷が手がけたインド映画『ムトゥ 踊るマハラジャ』の日本上映が成功を収めると、その年の末、古谷は妻と会社を設立し、本作の配給に向けて動き始めた。古谷は配給までの具体的な手順を固めてはいなかったが、ロッタの写真を入れた1999年の年賀状が関係者の目にとまり、公開が決まる[3][4]

こうして2000年1月から公開された本作は、奈良美智が担当したポスター画[5]や、古谷の妻の発案による子持ちの観客への託児サービスの提供[6]なども話題となり、興行収入は1億円を超えた[7]。7月からは前作の『ロッタちゃんと赤いじてんしゃ』も公開されたほか、同時期に東京都内で『ショー・ミー・ラヴ』(1998)、『太陽の誘い』(1998)といったスウェーデン映画も上映された[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Svenska Filminstitutet
  2. ^ Release dates for Lotta 2 - Lotta flyttar hemifrån (1993)”. IMDb. 2010年2月20日閲覧。
  3. ^ 古谷文雄. “「ロッタちゃん はじめてのおつかい」公開までの足跡”. 2007年11月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月20日閲覧。
  4. ^ 藤川 愼・宇都宮秀幸 (2000年4月8日). “INTERVIEW 第二回 江戸木 純(映画評論家)”. SlowTrain. 2010年2月20日閲覧。
  5. ^ 藤井克郎「「ロッタちゃん はじめてのおつかい」 奈良美智がビジュアルを担当――かわいさの中にインパクト――懐しさ“内容ぴったり”」『産経新聞』第20558号、2000年1月11日夕刊、4版、9面。
  6. ^ 「託児サービス付き映画来月15日から――東京・恵比寿の劇場で」『朝日新聞』第40879号、1999年12月31日朝刊、12版N、25面。
  7. ^ 中山治美「ロッタちゃん東京ではじめてのおつかい」『週刊朝日』2000年 7/14号(通巻4391号)、15ページ。
  8. ^ 藤井克郎「スウェーデン映画相次ぎ公開――“いやし系”の魅力」『産経新聞』第20687号、2000年5月23日夕刊、4版、9面。

外部リンク[編集]