奈良美智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
なら よしとも
奈良 美智
生誕 1959年12月5日
青森県弘前市
国籍 日本の旗 日本
出身校 青森県立弘前高等学校
職業 画家彫刻家
受賞 名古屋市芸術奨励賞(1995年)

奈良 美智(なら よしとも、1959年12月5日 - )は、青森県弘前市出身の画家彫刻家。世界的に評価されているポップアート作家で、ニューヨーク近代美術館(MoMA)やロサンゼルス現代美術館に作品が所蔵されるなど日本の現代美術の第二世代を代表するひとり。にらみつけるような目の女の子をモチーフにしたドローイングアクリル絵具による絵画で知られる。

経歴[編集]

出生後、青森県立弘前高等学校卒業まで弘前市で育つ。武蔵野美術大学を1年で中退して、1985年愛知県立芸術大学美術学部卒、1987年同大大学院修了。

河合塾千種校美術研究所教員を経て渡独、1988年ドイツ国立デュッセルドルフ芸術アカデミー(Kunstakademie Düsseldorf)に入学、A.R.ペンク(A. R. Penck)に師事し1993年マイスターシュウラー取得。その後ケルン近郊のアトリエを拠点に作品を制作、日本ではギャラリーユマニテに勤務していた土崎正彦氏に見出され、その独立に伴い白土舎に移籍し発表を続け、その後小山登美夫ギャラリーにて東京でも発表し、次第に注目を集め、日本や欧米を中心に国際的に注目される。

1995年名古屋市芸術奨励賞受賞。1998年カリフォルニア大学ロサンゼルス校客員教授村上隆と3か月間務める。2000年8月ドイツから帰国、東京に居住。2005年より栃木県在住。2006年度武蔵野美術大学客員教授。2013年芸術選奨文部科学大臣賞受賞[1]

2013年以降は日本に専属ギャラリーを持たず、Blum & Poe GalleryPACE GALLERYJohnen GalerieStephen Friedman Galleryなど、欧米のギャラリーで発表している。

人物[編集]

ロック、特にパンクが好きで、作品制作も音楽を流しながら行う。少年ナイフbloodthirsty butchersTHE STAR CLUBマシュー・スウィートR.E.M.CDジャケットを手がけており、ニルヴァーナカート・コバーンを模したと思われるキャラクターやthee michelle gun elephantのCDジャケットをパロディー化した作品を描いたりしている。また、小屋の内側をレコードジャケットで埋めた作品もある。ミュージシャンとの交流も多くニューヨークでの展覧会オープニングにYO LA TENGOデボラ・ハリーなどが来ている。

常に一人で作品制作を行ってきた奈良であるが、「Yoshitomo Nara + graf A to Z」ではクリエイター集団「graf」と共同作業で展示会場作りからの創作活動の旅を行った。台湾、韓国、横浜へと移動したその展覧会の様子は、ドキュメンタリー映画 『NARA:奈良美智との旅の記録』(監督 坂部康二)として2007年に劇場公開され、後にDVDとして発売された。

カレーライスが好物で、2001年に漫画『おごってジャンケン隊』(現代洋子)にゲスト出演した際、当時のアトリエの近所にあるCoCo壱番屋をお薦めの店として挙げている。また、最近では松屋にもよく通っているとTwitterで述べている。

東北地方太平洋沖地震に関する活動の一つとして宮城県で開催されているARABAKI ROCK FEST.に2011年、2012年と連続して参加している。

トラブル[編集]

2009年2月27日午前3時すぎ、ニューヨーク市内のファースト・アベニュー駅構内で落書きをして逮捕された。市内の施設に24時間拘置された後に釈放された。拘置所にいる間の様子について自身は「(拘置されなければ)会えないような人たちに囲まれ、映画の中にいるような体験だった」と述べている。

主な展覧会[編集]

その他[編集]

  • 東京南青山にYoshitomo Nara + grafが、A to Z展の宣伝のために内装を手がけたカフェ A to Z cafe があるが、奈良だけはボランティアとして無報酬で参加した。
  • 2007年10月16日、ロンドンで行われたクリスティーズオークション贋作3点が出品される。
  • 2009年ツール・ド・フランスの第18戦個人タイムトライヤルでランス・アームストロングが使用した自転車にデザインが採用された。
  • 2009年国内オークション会社高額落札TOP10に2点ランクインされる。3位「ASH NIGHT」2000年制作(落札額5700万円)、6位「Winter Long」1999年制作(落札額4025万円)。

主なテレビ出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成24年度芸術選奨 受賞者及び贈賞理由”. 文化庁 (2012年). 2013年5月12日閲覧。

外部リンク[編集]