ロサンゼルス上水路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
法面無処理のロサンゼルス上水路。マンザナーのすぐ南の国道395号付近、ガンマツダの好意による写真
レイヨウ渓谷のロサンゼルス上水路
シルマー付近のロサンゼルス上水路
ロサンゼルス上水路建設のために2両の履帯蒸気動車が長い荷物車を牽引する。1909年

ロサンゼルス上水路(ロサンゼルスじょうすいろ)はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスの上水道をまかなう上水路である。

ロサンゼルス上水路は2つある。一次ロサンゼルス上水路、1913年開削の別名「オウエン谷上水路」と1970年完成の二次ロサンゼルス上水路である。[1]

一次ロサンゼルス上水路[編集]

元祖ロサンゼルス上水路はカリフォルニアオウエンス川からカリフォルニアのロサンゼルス市へ上水を引く。アイルランド移民の自己流技師でロサンゼルスの水電力長のウイリアム・ムルホランドにより設計された。[要出典]

この企画は、1905年に2,450万ドルの予算で開始された。その建設に5,000名の人足が雇用され、1913年に完成した。[2]それは、約356キロメートル(223マイル)の3.65メートル(12フィート鋼管、193キロメートル(120マイル)の鉄道線路、2つの水力発電所、274キロメートル(170マイル)の送電線、386キロメートル(240マイル)の電話線、1つのセメント工場と805キロメートル(500マイル)の道路からなる。[3] 水路は、重力落下式なのでそこそこに自律的であり、経費が安く抑えられる。[4]1928年に聖クラリタ峡谷とベンチャラ郡に洪水をもたらした「聖フランシス」の破滅的損壊はムルホランドを失脚させ、金銭的に破滅させた[5] と、数年前に立ち退かされたオウエンズ谷の百姓ストライキを除けば、[6]よく機能し現在も使われている。[要出典]

ロサンゼルス上水路の建設により、オウエンズ谷の農業は壊滅し、オウエンズ湖の生態系に被害を与えた。[7]ウイリアム・ムルホランドとその仲間、ロサンゼルス・タイムスの編集者 ハリソン・グレイ・オーチスは、詐欺的戦略を用いてオウエンズ川の水利権を得たとして批判される。[8]しかし、ロサンゼルスの発展には上水路は不可欠であったので、その立場も理解された。[要出典]

二次ロサンゼルス上水路[編集]

二次ロサンゼルス上水路は、オウエンズ湖のすぐ南のハイウィー貯水池から始まるモノ低地からの水利権を最大利用するように建設された。[要出典]。ほぼ、一次ロサンゼルス上水路に並行し、水を約220キロメートル(137マイル)運ぶ。8,900万ドルかかり、1970年に完成した。[9]

脚注[編集]

  1. ^ The Story of the Los Angeles Aqueduct
  2. ^ A Hundred or a Thousand Fold More Important
  3. ^ Mulholland, Catherine (2002). William Mulholland and the Rise of Los Angeles. University of California Press. pp. 141–158. 
  4. ^ "The Owens Valley Is the Only Source"
  5. ^ Orsi, Jared (2004). Hazardous Metropolis: Los Angeles, Floods, and Urban Ecology. University of California Press. pp. 69–72. 
  6. ^ Henderson, George (1999). California and the Fictions of Capital. Oxford University Press. pp. 102. 
  7. ^ Henderson, George. California and the Fictions of Capital. pp. 199–201. 
  8. ^ Arax, Mark and King, Peter H (2006年3月26日). “A Dynasty, A City” (PDF). Los Angeles Times. http://gifi.stat.ucla.edu/background/Cultural/History/As%20Dynasty%20Evolved,%20So%20Did%20Power%20in%20L.A.%20-%20Los%20Angeles%20Times.pdf 2007年11月4日閲覧。 
  9. ^ A Second Aqueduct

関連項目[編集]

外部リンク[編集]