レプラコーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Leprechaun

レプラコーン (: Leprechaun) は、アイルランドの伝承に登場する妖精

概要[編集]

靴職人とされ、童話『小人の靴屋』に登場する妖精とはこのレプラコーンのことと言われる。 地中の宝物のことを知っており、うまく捕まえることができると黄金のありかを教えてくれるが、大抵の場合、黄金を手に入れることはできない。

「小さな体」を意味する名でありルブラホーン、ラバーキン、ルホルバン、ルプラホーン、とも呼ばれる。英語読みではレプラカーン。小さなしわくちゃの顔にごま塩のあごひげ、とがった鼻に輝く目をしている。銀のボタンの赤ジャケット、茶色の半ズボン、銀の留め金つきの黒ブーツを履くという。また、1日に靴を片方しか作らないことから、体が小さくて余り仕事が出来ないから、または一本足であるからとも言われる。たいてい皮のエプロンをし、忙しそうに小槌でコツコツと靴の修理をしている。

この妖精は金の入った壺を持ち一瞬でも目をそらすとすぐに悪戯を仕掛け笑いながら姿を消すといわれている。 アイルランド南西部には「レプラコーンに注意」 (Leprechaun crossing) の交通標識があることで有名。

アメリカの学校では聖パトリックの祝日に、レプラコーンを捕まえるための罠を作ることが宿題として出されている。

ハリー・ポッターと炎のゴブレット』では、クィディッチのアイルランドチームのマスコットとして登場し会場に金貨を降らせた。ただしこの話のレプラコーンが降らせた金貨は、2、3時間ほどで消滅する。

原型[編集]

現在知られるレプラコーンの源となる妖精の、もっとも早期な例は、Lúchorpáin(「小さな体」の意)という名の水棲または両棲の妖精たちで、『フェルグス・マク・レーティの冒険』(Echtra Fergus mac Léti 英語: Adventure of Fergus son of Léti)に登場し、この作品の古稿は8世紀にさかのぼるとされる[1]アルスターの王、フェルグス・マク・レーティが水辺でうたたねしていると、三匹のルーホルバン(?)たちによって水中にひきずりこまれるが、目を覚ましてそいつらを手でとらえ、海・池・湖で自由に泳げる力を授けろと要求する[2]

資料[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Mackillop, "..luchorpán, depicted in the 8th century text Echtra F.m.L;".."suggests that initially the leprechaun was an aquatic or at least amphibious creature"
  2. ^ Mackillop

一次資料[編集]

参考文献[編集]

  • Mackillop, James, Dictionary of Celtic Mytholgy (1998)
  • 「世界の妖精妖怪事典」キャロルローズ著 原書房

関連項目[編集]

Western-Europe-map.png この「レプラコーン」は、西ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますPortal:ヨーロッパ