レネ・ペティト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レネ・ペティト Football pictogram.svg
Petit Mojardin.jpg
名前
本名 レナト・ペティト・デ・オリー
愛称 レネ・ペティト
ラテン文字 Renato Petit de Ory
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
スペインの旗 スペイン
生年月日 1899年10月8日
出身地 ダクス
没年月日 1989年10月14日(満90歳没)
選手情報
ポジション MF
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

レネ・ペティトもしくはルネ・プティことレナト・ペティト・デ・オリーRenato "René" Petit de Ory, 1899年10月8日 - 1989年10月14日)は、フランスダクス出身のサッカー選手

経歴[編集]

フランス人の父親とスペイン人の母親の間に生まれる。マドリードFCのリザーブチームに加入し、14歳でトップチームデビューした。15歳の頃には、すでにレネはマドリードFCのスター選手の一人となっていた。レネが所属している間、マドリードFCは2度コパ・デル・レイ決勝まで駒を進め、1917年には同タイトルを獲得した。レネはマドリードFCで29試合に出場して13得点を記録した。

1917年にレアル・ウニオンへと移り、1918年に決勝で古巣マドリードFCを破って2年連続でコパ・デル・レイを手にした。その後も1924年1927年と2度コパ・デル・レイを獲得。また、アントワープオリンピックにも出場し、準決勝進出を果たした。1933年に現役を引退した。

エピソード[編集]

兄であるフアン・ペティトもマドリードFCに所属していたが、1917年のコパ・デル・レイ決勝直前にフランス軍に加入。第一次世界大戦で怪我を負い、そのままサッカー選手としてのキャリアを終えた。

タイトル[編集]

外部リンク[編集]