レナート・ブルゾン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レナート・ブルゾン(Renato Bruson, 1936年1月13日 - )は、イタリアグランツェ生まれのバリトン歌手。彫りの深いノーブルな声と歌い崩しのない折り目正しい歌唱で、バスティアニーニ後のイタリア・オペラ界において、ピエロ・カプッチッリとともに最も正統的なヴェルディ・バリトンと目された。

少年時代の彼は教会の聖歌隊で歌っていた。長じて奨学金を得てポリーニ音楽院に学んだ。1961年スポレートヴェルディの『イル・トロヴァトーレ』のルーナ伯爵を歌い、オペラ・デビューした。以後、ローマボローニャナポリヴェネツィア等イタリア各地のオペラハウスに登場し、評価を高める。メトロポリタン歌劇場へのデビューは1969年の『ランメルモールのルチア』、スカラ座へのデビューはやや遅れて1972年シャモニーのリンダ』であった。日本へは1968年、イタリア歌劇団の招聘により初来日、以後たびたび来日し、ファンを楽しませている。

リゴレットシモン・ボッカネグラナブッコ、スカルピア(『トスカ』)、イヤーゴ(『オテロ』)、ジェルモン(『椿姫』)を得意とする。