レチクル座イプシロン星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レチクル座イプシロン星
Epsilon Reticuli
星座 レチクル座
視等級 (V) 4.55 [1]
変光星型 変光なし[1]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 04h 16m 29.0287s [2]
赤緯 (Dec, δ) -59° 18′ 07.763″ [2]
視線速度 (Rv) 29.3±0.9 [2] km/s
固有運動 (μ) 赤経:-47.99 [2] /年
赤緯:-167.81 [2] /年
年周視差 (π) 54.84±0.50 [2] ミリ秒
距離 59.5±0.6 光年
18.23±0.17 パーセク
絶対等級 (MV) 3.25 [1]
物理的性質
半径 6.61 [3] R
質量 1.2±0.1 [1] M
スペクトル分類 K2III[2]-IV[4] / D
表面温度 3980 [3] K
色指数 (B-V) 1.075 [2]
金属量 +0.22 [1]
年齢 100億年[1]
別名称
別名称
GC 5194, GJ 167.3, GJ 9153, HD 27442, HIP 19921, HR 1355, SAO 233463.[2]
■Project ■Template

レチクル座イプシロン星 (Epsilon Reticuli, ε Ret) は太陽系から59光年距離に存在している2つの恒星からなる連星で、レチクル座に属している。主星はスペクトル分類K2の巨星あるいは準巨星で伴星は白色矮星である。主星は南半球の暗い空において肉眼で観測することができる。2000年に主星の軌道上を公転する太陽系外惑星が確認された。

恒星系[編集]

主星であるレクチル座イプシロン星Aはスペクトル分類K2の恒星で、質量太陽より20%大きい。巨星と準巨星のどちらに分類されるかはソースによって異なっている。この星は水素による核融合を停止しつつあるか、すでに停止しており、赤色巨星になるのは時間の問題である。これは恒星の寿命が終わりに近づいている事を示しており、年齢は100億歳程度とみられている[1]

伴星のレクチル座イプシロン星Bは白色矮星で、主星であるレクチル座イプシロン星Aから240AUの距離を公転している[5]。この天体の表面温度は9000~17000ケルビンほどである。

惑星系[編集]

2000年12月11日に、天文学者のチームが惑星レクチル座イプシロン星b(またはAbとも)を発見した[1] 。この惑星は最小質量が木星の1.17倍で、半径がほぼ同じであると見られ、平均で1.16AUの離を公転している。離心率が0に近く、418日(1.13年)で恒星を一周している。

ラグランジュ点のL4とL5の位置であれば地球サイズの惑星がトロヤ惑星として存在できる可能性がある[6]

レチクル座イプシロン星の惑星
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 半径
b >1.56±0.14 MJ 1.271±0.073 428.1±1.1 0.060±0.043

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Butler et al. (2001). “Two New Planets from the Anglo-Australian Planet Search”. The Astrophysical Journal 555 (1): 410–417. doi:10.1086/321467. http://www.journals.uchicago.edu/doi/full/10.1086/321467. 
  2. ^ a b c d e f g h i "SIMBAD query result"”. SIMBAD. 2009年11月2日閲覧。
  3. ^ a b H. M. Johnson, C. D. Wright. “Predicted infrared brightness of stars within 25 parsecs of the sun”. Astrophisycal Journal 53: 643-711. doi:10.1086/190905. http://adsabs.harvard.edu/abs/1983ApJS...53..643J. (655ページにGJ 9153 として記載)
  4. ^ Nearby Stars, Preliminary 3rd Version”. VizieR. 2009年11月2日閲覧。
  5. ^ Chauvin et al. (2007). “Characterization of the long-period companions of the exoplanet host stars: HD 196885, HD 1237 and HD 27442” (abstract). Astronomy and Astrophysics 475 (2): 723-727. doi:10.1051/0004-6361:20067046. http://www.aanda.org/articles/aa/abs/2007/44/aa7046-06/aa7046-06.html.  (web preprint)
  6. ^ R. Schwarz, R. Dvorak, Á. Süli, and B. Érdi (2007). “Survey of the stability region of hypothetical habitable Trojan planets”. Astronomy & Astrophysics 474: 1023-1029. doi:10.1051/0004-6361:20077994. : HD 93083, HD 17051, HD 28185, HD 27442, HD 188015, HD 99109, HD 221287

座標: 星図 04h 16m 29.03s, -59º 18' 07.76''