レオニード・オボレンスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Leonid Obolensky
レオニード・オボレンスキー
本名 リェオニード・リェオニードヴィチ・オボリェンスキー
Леонид Леонидович Оболенский
別名義 L・オボレンスキー
Л. Оболенский
生年月日 1902年1月21日
没年月日 1991年11月19日(満89歳没)
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国(現ロシアの旗 ロシアニジニ・ノヴゴロド州
アルザマス
死没地 ロシアの旗 ロシア チェリャビンスク州ミアス
国籍 ロシア帝国の旗 ロシア帝国ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦ロシアの旗 ロシア
職業 俳優映画監督録音技師
活動期間 1924年 - 1986年
活動内容 1920年 映画出演
1924年 俳優デビュー
1925年 監督デビュー
1932年 録音技師

レオニード・レオニードヴィチ・オボレンスキーロシア語: Леонид Леонидович Оболенский, 1902年1月21日 - 1991年11月19日)は、ソビエト連邦(現ロシア俳優映画監督録音技師である。

人物・来歴[編集]

ロシア帝国(現在のロシアニジニ・ノヴゴロド州)のアルザマスで、銀行員の家庭に生まれる。

1920年 - 1922年モスクワ全ロシア映画大学に在学中に、レフ・クレショフに出会い、1924年、『ボリシェヴィキの国におけるウェスト氏の異常な冒険』に出演する。翌1925年には、サイレント映画『レンガ』を監督する。1932年には、トーキーの録音技術を学び、録音技師となる。

第二次世界大戦後、シベリアクラスノヤルスク地方ミヌシンスクの流刑地に送られる。1960年代に復権、俳優として活動した。

1991年11月19日、ロシア国内チェリャビンスク州ミアスで死去した。満89歳没。

フィルモグラフィ[編集]

1920年 - 1940年[編集]

1965年 - 1986年[編集]

すべて出演

関連事項[編集]

[編集]

外部リンク[編集]