ボリシェヴィキの国におけるウェスト氏の異常な冒険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボリシェヴィキの国における
ウェスト氏の異常な冒険
Необычайные приключения мистера Веста в стране Большевиков
監督 レフ・クレショフ
脚本 ニコライ・アセーエフ
フセヴォロド・プドフキン
製作 クレショフ工房
出演者 ポルフィリ・ポドーベド
撮影 アレクサンドル・レヴィツキー
編集 アレクサンドル・レヴィツキー
配給 ソビエト連邦の旗 ゴスキノ
日本の旗 日本海映画
公開 ソビエト連邦の旗 1924年4月27日
日本の旗 1993年3月24日
上映時間 94分
製作国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
言語 ロシア語
テンプレートを表示

ボリシェヴィキの国におけるウェスト氏の異常な冒険』(ボルシェヴィキのくににおけるウェストしのいじょうなぼうけん、ロシア語: Необычайные приключения мистера Веста в стране Большевиков)は、1924年大正13年)製作・公開、レフ・クレショフ監督によるソビエト連邦(現ロシア)の長篇劇映画である。「反米」を明確に表現したソ連の最初の映画である。

略歴・概要[編集]

1922年(大正11年)に成立した新しい国・ソビエト連邦を背景に製作された、クレショフ工房の第1回作品である。

ウェスト氏を演じたポルフィリ・ポドーベドはクレショフより年長の役者であったが、のちに監督作もある。ボリス・バルネットは、3年後に『ミス・メンド』で監督としてデビューした。悪役の伯爵を演じたフセヴォロド・プドフキンは、本作で脚本も書き、クレショフの実生活では妻であるアレクサンドラ・ホフロワが、伯爵夫人を演じた。いずれも映画監督である。レオニード・オボレンスキーウラジミール・フォーゲルピョートル・ガラジェフヴェラ・ロパティーナは本作で俳優としてデビューした。

キャスト[編集]

ストーリー[編集]

新しい社会主義国、ボリシェヴィキの国。ソビエト連邦の首都モスクワ

ウェスト氏(ポルフィリ・ポドーベド)が、カウボーイのジュディ(ボリス・バルネット)を伴って、同地に到着した。モスクワではギャングペテン師が横行しており、なかでも没落貴族・シュバン伯爵(フセヴォロド・プドフキン)は、たちが悪かった。アメリカ報道されているような「社会主義者」たちが、次々にウェスト氏が驚くような事件に巻き込む。それを伯爵一味が救出する、という茶番だ。

そんな罠から、ジュディと警官(アナトーリ・ゴルチリン)がウェスト氏を救う。ウェスト氏は、やがて、社会主義ソビエトの真の姿を知る。

[編集]

外部リンク[編集]