ルーシャス・ハーウッド・フット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルーシャス・ハーウッド・フット(Lucius Harwood Foote, 1826年4月10日 - 1913年6月4日)は、アメリカ合衆国外交官。1883年から1885年まで駐朝公使を務めた。

生涯[編集]

1826年にニューヨーク州ウィンフィールドにて誕生[1]。父親は牧師のルーシャル・フット(Lucius Foote)、母親はイレクタ・ハーウッド (Electa Harwood)。1862年にローズ・フロスト・カーター (Rose Frost Carter) と結婚、1885年に死別[2]

1856年から1860年までカリフォルニア州で地方判事。1861年から1865年までアメリカ合衆国関税局長、1872年から1876年までカリフォルニア州州兵長官。1878年から1881年までチリバルパライソ総領事[2]

最初のアメリカ公使館

1882年5月、アメリカ合衆国は冊封国である李氏朝鮮米朝修好通商条約を締結。この条約によりアメリカは政治的存在を朝鮮国内に配置する必要が発生した。フットは1883年2月に特命全権公使として任命を受け、1883年5月から漢城に駐在した。しかしながら貿易量の低さのため、1884年7月に休会任命により弁理公使兼総領事に降格となった。

1884年8月、フットは伝統的な韓屋様式の家屋2棟を購入し、そのうち1棟を使用してアメリカ公使館を設立した[3]。もう1棟は使節団の随行医師ホレイス・ニュートン・アレンと建屋を共有し、住居として使用した。1885年1月、休会任命に関して上院は承認決議を行ったが、フットは階級の降格を拒否し、公使を辞任[4]。後任にはジョージ・クレイトン・フォークが就いた。引退後はサンフランシスコに居住し、1913年に死去[2]

出典[編集]

  1. ^ Lucius Harwood Foote”. 2011年11月12日閲覧。
  2. ^ a b c Foote, Lucius Harwood (1826-1913)”. 2011年11月12日閲覧。
  3. ^ An old house for a new neighbor”. 中央日報. 2011年11月12日閲覧。
  4. ^ Lucius Harwood Foote”. United States Department of State. 2011年11月12日閲覧。
外交職
先代:
-
在李氏朝鮮アメリカ合衆国公使
1883年5月20日 - 1885年2月19日
次代:
ジョージ・クレイトン・フォーク