ホレイス・ニュートン・アレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホレイス・ニュートン・アレンHorace Newton Allen1858年4月23日 - 1932年12月11日)は、朝鮮で活動したアメリカ合衆国出身のプロテスタント宣教師医師外交官。朝鮮名として安連(アルリョン、안련)を名乗った。

生涯[編集]

1858年、オハイオ州デラウェア (Delaware, Ohioで生まれる。1881年、地元のオハイオ・ウェスリアン大学で理学士号を取得後、シンシナティのマイアミ医科大学(Miami Medical School)で医学を修め、1883年に卒業した。アレンは希望により、長老派教会の海外宣教委員会から中国への宣教師に任命された。

延世大学校内に復元された広恵院

1年後、アレンは駐朝米国領事館付きの医師として朝鮮に派遣されることになった。1884年9月20日、アレンは家族とともに朝鮮に到着するが、まもなく甲申政変に巻き込まれることになる。政変の中で、国王高宗側近の閔泳翊が刺されて負傷する事件が発生すると、ドイツ公使メレンドルフはアレンに閔泳翊の治療を要請した。アレンの施した近代医療により閔泳翊は3ヶ月で回復し、このことでアレンは高宗の信任を得ることになった。アレンは近代西洋医学が朝鮮の人々の利益になることを説き、王からの資金と支援を受けて漢城(ソウル)に「広恵院」(まもなく高宗によって「済衆院」に改名)を設置した。この病院は朝鮮初の近代医療機関であり、現在の延世大学校付属病院の前身となっている[1]。アレンの活動は、キリスト教に対する排斥政策をとってきた朝鮮王朝が宣教師の入国を許可し、伝道や学校・病院の建設といった活動を許可する方向へと政策を転換させる契機となった。

朝鮮における国王・政府との親密な関係から、アレンは外交官としても活動することになった。1887年、朝鮮王朝が送り出した最初の遣米使節に随行して、アレンはワシントンまで赴いている。1890年には駐朝アメリカ公使館の書記官となり、1897年には駐韓アメリカ公使総領事となった。朝鮮初の電力会社や鉄道会社の設立が米国資本の導入によっておこなわれたのは、アレンの存在が大きい。

日露戦争中、アレンはアメリカ政府の不介入政策を積極的に批判した。しかしこの行動は、日本との間に桂・タフト協定を締結して相互の支配権を確認したアメリカ政府には快く受け止められなかった。翌1905年、アレンは本国に召還された。

1932年、アレンはオハイオ州トレドで没した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]