ル・エストロジェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ル・エストロジェル[1] は、女性の更年期障害の「ホルモン補充療法(HRT)」用の治療薬で、日本で初めて承認されたエストラジオール外用ゲル剤。

開発の経緯[編集]

製品概要[編集]

  • 特徴:皮膚刺激の少ないジェル剤型で塗布跡が残らず、毎日の使用が簡便な一定量が取り出せるプッシュ式ボトルである。
  • 有効成分、用法:生体内で活性の高い天然型のエストロゲン。1日1回腕に塗布することにより体内に女性ホルモンを補う。経皮吸収剤なので肝臓における代謝を受けない。
  • 効能・効果:更年期障害及び卵巣欠落症状に伴う血管運動神経症状(Hot flush及び発汗)を緩和する。

備考[編集]

参考(HRT製剤の種類・効果)[編集]

  • HRT製剤の種類[4]
  • HRT製剤の効果[5][6]

脚注[編集]

  1. ^ ル・エストロジェル0.06% 患者向医薬品ガイド (PDF)”. 医薬品医療機器総合機構 (2007年7月). 2010年1月27日閲覧。
  2. ^ NPO法人 女性の健康とメノポーズを考える会
  3. ^ 肌にぬるジェル状のHRT(エストロゲン製剤)が発売になりました NPO法人 女性の健康とメノポーズを考える会
  4. ^ ホルモン補充療法に使う薬剤のいろいろ(2009年1月現在) NPO法人 女性の健康とメノポーズを考える会
  5. ^ HRT(ホルモン補充療法)とは NPO法人 女性の健康とメノポーズを考える会
  6. ^ 気になったら早めに受診。HRT(ホルモン補充療法)処方でよく改善します 更年期・老年期の腟炎(萎縮性腟炎) NPO法人 女性の健康とメノポーズを考える会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]