ルドヴィーコ2世・ゴンザーガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルドヴィーコ2世・ゴンザーガLudovico Gonzaga, 1333年頃 - 1382年)は、マントヴァ僭主(シニョーレ)である。ルイージ (Luigi)とも呼ばれる。

グイードとベアトリーチェ・ディ・バールとの息子で、1369年からマントヴァのカピターノ・デル・ポポロとなった。

弟のフランチェスコと兄のウゴリーノの共謀による父の暗殺後、彼らも殺され唯一の男子として残ったルドヴィーコは、ミラノとの友好をはかる慎重な政治を続けつつ父の統治を受け継いだ。

1356年にはフェラーラオビッツォ3世の娘アルダ・デステ (Alda d'Este) と結婚した。

ルドヴィーコが死ぬと、息子のフランチェスコ1世が跡を継いだ。

関連項目[編集]

先代:
グイード
マントヴァの
カピターノ・デル・ポポロ
1369年 - 1382年
次代:
フランチェスコ1世
執筆の途中です この「ルドヴィーコ2世・ゴンザーガ」は、イタリア歴史関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア