ルドルフ・ハイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルドルフ・ハイム

ルドルフ・ハイムRudolf Haym, 1821年10月5日 - 1901年8月27日)は、ドイツ哲学者ハレ大学教授。

プロイセン王国のグリューンベルク(現ポーランド領ジェロナ・グラ)生まれ。ドイツ観念論、ドイツロマン主義文学、カント研究などに業績がある。カントの哲学を再評価し、新カント派への道をひらいた。1848年フランクフルト国民議会の議員に。

著作に、ヘーゲルの伝記として「ヘーゲルとその時代」(1857年)、「ロマン主義」(1870年)などがある。また、ヴィルヘルム・フンボルトヘルダーに関しての伝記も執筆している。

サンクト・アントンで死去。