ルイス・ハイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルイス・ハイン(Lewis Wickes Hine, 1874年9月26日 - 1940年11月3日)は、20世紀初頭のアメリカの教師兼アメリカの写真家。アメリカ・ウィスコンシン生まれ。ルイス・W. ハイン、ルイス・ウィッケス・ハインとも書かれる。

アメリカの貧民街の写真や若年労働者の写真を多く撮影し、それを公刊することにより、社会に対してその改善の必要性を訴えた。

同時期の写真家ジェイコブ・リースと同様に、写真で社会を変えることができる、という社会改革家的発想を持った写真家であった。

日本における写真展[編集]

いくつかの写真展(グループ展)で取り上げられている。近年では、次のグループ展で取り上げられている。

脚注[編集]

  1. ^ 東京都写真美術館年報 [1 /表紙〜P19展覧会事業 p10] (PDF)”. 2013年5月14日閲覧。

外部リンク[編集]