ルイス・ネルソン・ドリール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイス・ネルソン・ドリール
ネルソン・ドリール(1910年)}
ネルソン・ドリール(1910年
基本情報
出生名 ルイス・ネルソン・ドリール
別名 “ビッグ・アイ”
出生 1885年1月28日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ルイジアナ州ニューオーリンズ
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ルイジアナ州ニューオーリンズ
死没 1885年1月28日(満-65歳没)
ジャンル ディキシーランド・ジャズ
担当楽器 クラリネット
活動期間 1910年代 - 1940年代
共同作業者 オルジナル・クレオール・オーケストラ
フレディ・ケパード
ビル・ジョンソン
ジョーンズ & コリンズ・アストリア・ホット・エイト
著名使用楽器
コントラバス
バンジョー
アコーディオン

“ビッグ・アイ”・ルイス・ネルソン・ドリール"Big Eye" Louis Nelson Delisle1885年1月28日 - 1949年8月20日)は、初期のディキシーランド・ジャズクラリネット奏者である。ドリールはコントラバスバンジョーアコーディオンも、折に触れ仕事として演奏した。

ネルソン・ドリールはルイジアナ州ニューオーリンズで生まれ、人生のほとんどをそこで過ごした。

ドリールはクラリネットをロレンツォ・ティオ Sr. に習い、15歳までストーリーヴィルの音楽会場で仕事として演奏していた。ドリールは、ジャズの最古の時期にホット・ジャズの初期のスタイルを開拓し、ジョニー・ドッズジミー・ヌーンといった後のニューオーリンズ・ジャズのクラリネット奏者たちに重要な影響を与えた。

ドリールの初期の仕事で、“ビッグ・アイ”は、より一般的な Bb 管[1]ではなく、しばしば C 管のクラリネットを演奏していた。C 管のクラリネットは、アルサイド・ヌニェス en:Alcide Nunez といった、この時代の他のニューオーリンズ・ジャズのクラリネット奏者たちにも使用されていた。

1917年に、ドリールは、フレディ・ケパードビル・ジョンソン Bill Johnson がいる、再結成されたオルジナル・クレオール・オーケストラ en:Original Creole Orchestra に加わった。このバンドはその年の春にボストンで解散したが、その年の秋にはニューヨーク州で再びメンバーが集められた。ビッグ・アイはクラリネット奏者ジョージ・バケーの後任となった。バケーは以前、ヴォードヴィルのグループと共に巡業をしていた人物である。少ししてから、ビッグ・アイの後をジミー・ヌーンが引き継いだ。[2]ドリールはジョーンズ & コリンズ・アストリア・ホット・エイトの常任のクラリネット奏者となったが、ホット・エイトの1929年の録音活動では演奏しなかった。

ドリールが複数の録音をしたのは晩年の1940年代だけだったが、その頃には健康が優れないこともしばしばで、当時の評価からすれば、一流の演奏をしていた時期を過ぎてしまったとされていたが、しかし、それでもなお美しいフレーズを演奏する能力はあったのだ。その録音は American Music Records en:American Music RecordsCD によって聴くことができる。ネルソン・ドリールの演奏は、年上のニューオーリンズのクラリネット奏者、アルフォンス・ピクー Alphonse Picou の、よりスタッカートラグタイム風な演奏に比べて、より魅惑的で流れるようなブルースである。

脚注[編集]

  1. ^ 移調楽器を参照。
  2. ^ Hazeldine, Mike. Original Creole Band. in Kernfeld, Barry. ed. The New Grove Dictionary of Jazz, 2nd Edition, Vol. 3. London: MacMillan, 2002. p. 200.